守護神・牧田は、球速130kmでなぜ勝てる

強靱なメンタルと巧妙なテクニック

こういったテクニックを駆使できるのは、牧田が揺るぎないスタイルを確立していることが土台にある。西武に入団した2011年シーズンの開幕前から日本代表として今回のWBCに臨むまで、牧田は一貫してこう口にしてきた。

「自分のピッチングをすれば、抑えられる自信がある」

牧田の言う「自分のピッチング」とは、ストレート中心で攻める投球だ。彼のストレートは球速こそ130km台だが、下から浮き上がるような軌道は牧田にしか投げられない。「社会人時代は投げるボールの9割が真っすぐでした。つねにインコースしか攻めてなかったですね」と言うほどの威力だ。

心理面で言えば、攻めることで主導権を握り、相手より優位に立てるという点もある。

メンタルゲームで重要なこと

昨年4月17日に西武ドームで行われた日本ハム戦。チームが開幕から本拠地6連敗中の先発マウンドに立った牧田は、完投でホーム初勝利をもたらした。このときの胸中にこそ、牧田の持つメンタルの強さが凝縮されている。

「(プレッシャーは)多少というか、すごくありましたよ。他の先発、中継ぎの見えないプレッシャーが伝わってきました。中継ぎはシーズンが始まってからけっこう投げています。だから完投しようと思って投げました。見えないプレッシャーはたくさんありましたよ。でも、攻めて負けるのはしょうがない。思い切り仕事をするだけです」

負けてしょうがないと思えるのは、覚悟の表れとも言える。勝負の場に立つまでに、最善を尽くしたという自負があるのだろう。

戦う準備を心身ともにできれば、あとは平常心で挑むだけ。それがメンタルゲームでは重要になる。

次ページ「滑る」ボールは意識しない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 病やがんと向き合う心のつくり方
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 雨宮塔子から見える景色
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT