守護神・牧田は、球速130kmでなぜ勝てる

強靱なメンタルと巧妙なテクニック

こういったテクニックを駆使できるのは、牧田が揺るぎないスタイルを確立していることが土台にある。西武に入団した2011年シーズンの開幕前から日本代表として今回のWBCに臨むまで、牧田は一貫してこう口にしてきた。

「自分のピッチングをすれば、抑えられる自信がある」

牧田の言う「自分のピッチング」とは、ストレート中心で攻める投球だ。彼のストレートは球速こそ130km台だが、下から浮き上がるような軌道は牧田にしか投げられない。「社会人時代は投げるボールの9割が真っすぐでした。つねにインコースしか攻めてなかったですね」と言うほどの威力だ。

心理面で言えば、攻めることで主導権を握り、相手より優位に立てるという点もある。

メンタルゲームで重要なこと

昨年4月17日に西武ドームで行われた日本ハム戦。チームが開幕から本拠地6連敗中の先発マウンドに立った牧田は、完投でホーム初勝利をもたらした。このときの胸中にこそ、牧田の持つメンタルの強さが凝縮されている。

「(プレッシャーは)多少というか、すごくありましたよ。他の先発、中継ぎの見えないプレッシャーが伝わってきました。中継ぎはシーズンが始まってからけっこう投げています。だから完投しようと思って投げました。見えないプレッシャーはたくさんありましたよ。でも、攻めて負けるのはしょうがない。思い切り仕事をするだけです」

負けてしょうがないと思えるのは、覚悟の表れとも言える。勝負の場に立つまでに、最善を尽くしたという自負があるのだろう。

戦う準備を心身ともにできれば、あとは平常心で挑むだけ。それがメンタルゲームでは重要になる。

次ページ「滑る」ボールは意識しない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人生100年時代の稼ぐ力<br>副業・資格で定年後も長く働こう

人員削減や年金不足問題など、将来収入への不安は募るばかり。会社に依存するのではなく、副業や資格を持つことで長く働くすべを身に付けよう。需要がグンと高まる資格、60代からでも食える仕事など、実践的な情報を満載。