守護神・牧田は、球速130kmでなぜ勝てる

強靱なメンタルと巧妙なテクニック

今回のWBCで使用されているのは、いわゆる「滑るボール」だ。日本球界の公式球より縫い目が高く、指を引っかけにくい。大会前、エースの田中将大はWBC球への対応をマスコミに不安視された。

ただ、牧田は考え方からして違う。今年1月、西武第二球場で行った自主トレの際にはこう話していた。

「滑る感じはあるけど、気にするほどではありません。自主トレのテーマは、ボールにどれだけ慣れるか。『滑る』と意識すると逆に力が入ってしまうので、普段のボールより少し滑るくらいの意識だとちょうどいい」

「滑る、滑る」と思って投げれば、余計に「滑る」と感じがちだ。使うボールは変わらない一方、意識の持ち方は自分で変えることができる。前者と後者のどちらのメンタルが好結果につながるか、言うまでもないだろう。

キューバとの戦い方

侍ジャパンの守護神は、かくも頼もしい。WBCのポイントはこう考えている。

「コントロールですね。向こうの打者がどう振ってくるかは、やってみないとわからない。三振や空振りを取るのではなく、打たせて取るという自分の持ち味を出せれば。ストライクゾーンの中で勝負していきたい。アンダースロー特有の目線のズレ、左右、高低、広く使っていきたい」

第1ラウンド、そして第2ラウンドでもライバルとなるキューバについては、こんな想定をしている。

「横の変化にも、真っすぐのタイミングで振ってきますね。変化球に弱いイメージ。とりあえず真っすぐを待っている。ただ、投げてみて、バッターが振ってくるのを見ないと、どう投げたらいいのかわからない。でも一般的に外国人は、胸元当たりが苦手なんじゃないかな」

対戦する前に敵の特徴を把握し、勝負の場では肌感覚から読み取る。そして巧妙なテクニックを駆使し、相手に微妙なズレを引き起こす。

周到な準備とその場での瞬間的な対応。これぞ、マインドゲームを制するための要素だ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。