MBAエリートたちが、"失敗"を急ぐ理由

仏INSEADには、良質な"失敗"が用意されている

日本からのMBA留学生は、30歳前後が主流となっているが、今回ご紹介するのは、25歳でフランスのINSEAD(インシアード)にMBA留学をした吉田佳世さん。わずか3年の職歴で、難関のINSEADに合格した。
吉田さんは、9歳から5年間にわたって、アメリカ、カナダ、ベルギーで過ごした帰国子女。高校3年間は、日本に滞在し、大学はアメリカ・ボストンのタフツ大学へ進学した。
大学時代から、発展途上国の開発援助に興味を持ち、中南米でボランティア活動などを行っていたという吉田さん。J.P.モルガン入社後、興味は「開発金融」へと向いていった。「いずれはアフリカや中南米などで働いてみたい」と、入社後まもなくMBA留学を視野に入れて勉強を始め、2012年にINSEADに合格した。
アメリカではなくヨーロッパのビジネススクールを選んだのは、その国際性が理由だった。アメリカのビジネススクールは、生徒の大半はアメリカ人で、アメリカで就職することを前提とした教育が行われる。
タフツ大学在学時に、ハーバードやMITのビジネススクールの学生から話を聞く機会があり、アメリカのビジネススクールのほうが身近だったが、「開発金融の世界に進むには、フランスのINSEADのほうがいいと思った」という。
INSEADの留学期間は1年。すでに半分が経過した。現在、開発関連の国際機関やファンドで働くことを目指して、就職活動を始めている吉田さんに、フランス・フォンテーヌブローでの密度の濃い留学生活について話を聞いた。

君たちは、”失敗することになっている”

パリから電車で1時間。フォンテーヌブローは、広大な森と世界遺産であるフォンテーヌブロー宮殿で有名な観光地だ。

INSEADはフォンテーヌブロー宮殿のすぐそばにある

INSEADは、大学寮がないため、学生は、大学周辺の一軒家などをシェアして住む。吉田さんは、たまたま、地元の名士の広大な屋敷の離れを借りることができ、そこからINSEADに車で通っている。

2012年8月、INSEADの入学オリエンテーションは、フランスの学校らしい、ウィットに富んだあいさつから始まった。

次ページ失敗から早く立ち直る秘訣
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT