米ヤフーを変える「科学脳」アプローチ

マリッサ・メイヤー(ヤフーCEO)

ロイター/アフロ

今、シリコンバレーで最も注目を集めるリーダーといえば、マリッサ・メイヤーをおいてほかにはないだろう。

今年7月にヤフーのCEO(最高経営責任者)に就任したメイヤーは、元グーグルの有名女性エグゼクティブ。その彼女が、シリコンバレーのアイコンであるにもかかわらず、長年の経営の悪策によって無惨に切り刻まれたヤフーの再建を引き受けただけでなく、同時に第一子の出産もこなし、就任後最初の四半期では業績に希望を持たせてヤフーの株価を上向きにすらさせたのである。 

メイヤーは、ウィスコンシン州の田舎で育ったが、高校時代から科学で光った才能を見せていた。スタンフォード大学のコンピュータ学部に進学した後は、人工知能を専攻。グーグルの20番目の社員となった。

メイヤーの強みは、現在の先端のテクノロジーとその開発方法、マーケティングを熟知していることである。グーグルでは、ほぼその創業から巨大企業に成長するまでの道のりを体験してきたのだが、その間、エンジニア、デザイナー、製品マネジャーなどの異なった職に就き、検索からニュース、地図、メールまで、さまざまなカテゴリーの製品開発に関わっている。

次ページ「社内政治でなく、データを用いよ」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT