米ヤフーを変える「科学脳」アプローチ

マリッサ・メイヤー(ヤフーCEO)

「社内政治ではなく、データを用いよ」

対外的にはグーグルの顔としてネゴや講演、人材スカウトもこなしてきた。弱冠37歳にして、超集中型の経営者訓練を受けてきたようなものだ。

                 ロイター/アフロ

 そうした経験に加えて、メイヤーの思考のアプローチに注目すべきことがいくつもある。特にものごとに科学的に把握するところだ。それが、やたらカリスマ臭を振りまく上の世代のリーダーと異なって、新しいリーダー像を思わせるのだ。

兆候はグーグル時代から養われてきた。そもそもグーグル自体が、科学的、エンジニアリング的な文化に基づいた企業だが、その環境を方法論化したのはメイヤーだろう。

たとえば、グーグル時代には「グーグルが考える9つのイノベーション」といったような開発における重要な信条を案出していた。

「開発では、その都度完全なものを目指すのではなく、イノベーションを続行せよ」とか、「クリエーティビティは、条件や制限によって束縛されるからこそ生まれる」とか、「社内政治ではなく、データを用いよ」とか、「ダメになりそうなプロジェクトは殺してしまうのではなく、変形させよ」といったことである。

たいていは、開発に行き詰まると意気消沈してしまうのが普通だろう。頭を抱えているうちに、情けなさも込み上げてこよう。だが、メイヤー流に乗ると、そんな感情に振り回されるのではなく、あくまでも頭脳とドライさを行使すれば関門が突破できるということになるのだ。

次ページまるで「外科医がメスを入れるように」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 就職四季報プラスワン
  • 御社のオタクを紹介してください
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。