世界1000万人が学ぶ”あの”ビデオ講義

カーン・アカデミーを知っていますか

カーン・アカデミーという名前を耳にしたことがあるだろうか。

アカデミーというからには学校なのだが、校舎などの実体はない。カーン・アカデミーはインターネットの上だけで存在している学校。だが、本物の校舎もなく目の前に生身の先生もいないこの学校が今、アメリカ、いや世界の教育を変えるのではないかと注目を集めている。

そのカーン・アカデミーを創設したのが、サルマン・カーン。バングラデッシュ生まれの36歳だ。

現在、カーン・アカデミーは世界中1000万人もの人々がアクセスして知識を学ぶ場になっている。ここで提供されるのは3600ものビデオ講義である。

ヘッジファンドのアナリストがなぜ教育界へ?

Larry Busacca WireImage

カーンが、カーン・アカデミーを作った経緯は米国では非常に有名だ。

親戚中で集まっていたある日、幼いいとこのナディアが、算数が苦手だとカーンに告げた。カーン自身はMIT(マサチューセッツ工科大学)で科学と数学のダブル修士号を取得したバリバリの理科系。小学生の算数を教えるくらい朝飯前だ。

何とかナディアの勉強を助けたいと思うのだが、ナディアが住むのはニューオリンズで、彼がいるのはボストン。距離が離れていて、ちょくちょく訪ねて家庭教師をするというわけにはいかない。

そこで思いついたのが、インターネットを利用することだった。カーンは、ナディアとインターネットで接続し合い、その中でお絵描き用ソフトを使って算数を教えることにした。図を描きながら算数を説明し、それをナディアが見るという具合だ。これが2004年のことだった。

そのうち、別のいとこもカーンに教えてもらいたいということになり、カーンはこの画面をビデオで撮って、ユーチューブに上げるようになった。いとこたちが自分の都合のいいときに、ユーチューブにアクセスしてビデオを見ればいいと考えたのだ。

ビデオは、カーンが説明をする声が後ろで聞こえる中、画面上の黒板がどんどん文字や数字、図式で埋まっていくという趣向である。

ナディアは、カーンが横について教えてくれるよりも、このビデオのほうがいいと言ってくれた。算数から始まって、他の科目にも広がり、人体の仕組みとか生物の棲息とか、いろいろな内容でカーンはビデオを作り続けた。

次ページゲイツ財団、グーグルも支援
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT