世界1000万人が学ぶ”あの”ビデオ講義

カーン・アカデミーを知っていますか

カーン・アカデミーという名前を耳にしたことがあるだろうか。

アカデミーというからには学校なのだが、校舎などの実体はない。カーン・アカデミーはインターネットの上だけで存在している学校。だが、本物の校舎もなく目の前に生身の先生もいないこの学校が今、アメリカ、いや世界の教育を変えるのではないかと注目を集めている。

そのカーン・アカデミーを創設したのが、サルマン・カーン。バングラデッシュ生まれの36歳だ。

現在、カーン・アカデミーは世界中1000万人もの人々がアクセスして知識を学ぶ場になっている。ここで提供されるのは3600ものビデオ講義である。

ヘッジファンドのアナリストがなぜ教育界へ?

Larry Busacca WireImage

カーンが、カーン・アカデミーを作った経緯は米国では非常に有名だ。

親戚中で集まっていたある日、幼いいとこのナディアが、算数が苦手だとカーンに告げた。カーン自身はMIT(マサチューセッツ工科大学)で科学と数学のダブル修士号を取得したバリバリの理科系。小学生の算数を教えるくらい朝飯前だ。

何とかナディアの勉強を助けたいと思うのだが、ナディアが住むのはニューオリンズで、彼がいるのはボストン。距離が離れていて、ちょくちょく訪ねて家庭教師をするというわけにはいかない。

そこで思いついたのが、インターネットを利用することだった。カーンは、ナディアとインターネットで接続し合い、その中でお絵描き用ソフトを使って算数を教えることにした。図を描きながら算数を説明し、それをナディアが見るという具合だ。これが2004年のことだった。

そのうち、別のいとこもカーンに教えてもらいたいということになり、カーンはこの画面をビデオで撮って、ユーチューブに上げるようになった。いとこたちが自分の都合のいいときに、ユーチューブにアクセスしてビデオを見ればいいと考えたのだ。

ビデオは、カーンが説明をする声が後ろで聞こえる中、画面上の黒板がどんどん文字や数字、図式で埋まっていくという趣向である。

ナディアは、カーンが横について教えてくれるよりも、このビデオのほうがいいと言ってくれた。算数から始まって、他の科目にも広がり、人体の仕組みとか生物の棲息とか、いろいろな内容でカーンはビデオを作り続けた。

次ページゲイツ財団、グーグルも支援
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。