新・流通モンスター”アマゾン”

「ワンクリック」が毎日の買い物を一新

カチッと、マウスをたった1回押すだけで、買い物はすべて完了する。最初に名前や住所、支払方法を登録すれば、次からはワンクリックでOK。それが世界一のネット通販「アマゾン」だ。いつでもどこでも買い物できるアマゾンで、人々の日常は大きく変わった。

本のネット通販から始まったアマゾンは、今や日用品や家電、ファッションなど、次々と品目を拡大。重くて運ぶのが面倒なコメやPETボトルを定期便で買う主婦も多い。扱う商品は国内だけで5000万種類を超える。アマゾンのサイトには、世界で3.6億人以上のユーザーが最低月一度は訪問、日本でも4800万人が訪れている。

アマゾンの強さは品ぞろえだけでない。価格が実店舗より安いのは当たり前。配送無料や当日配送も先駆けて採り入れた。アマゾンは、ネット通販の煩わしさを解放すべく、常識外れの一手を繰り出す。

顧客へのサービス提供を持続するため、投資は積極的で、物流拠点は世界で69カ所を数える。IT関連費用は年間約29億ドル。2011年12月期の売上高は481億ドル(約3・9兆円)だが、営業利益率はたった1・8%にすぎない。目先の収益を犠牲にしてでも、徹底的に先行投資をするのがアマゾン流なのだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 今日も香港から
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。