新・流通モンスター”アマゾン”

「ワンクリック」が毎日の買い物を一新

アマゾンで生活が一変! 産業界は黒船に身構える

11月19日。とうとう日本でも、アマゾンの電子書籍専用端末「キンドル・ペーパーホワイト」がネット上で発売された。価格は7980円と原価トントンの安さで、5万点の中から作品が購入できる。今予約しても、13年の年明けにならないと、手に入らないほどの人気ぶりだ。

が、米国発の巨大企業の参入に、既存業界の反発も大きい。キンドルについては家電量販店でも売り出すはずだったが、ヤマダ電機などが販売を拒否。店頭で商品をチェックし、ネットで買う消費者が増え、実店舗はショールームと化している。あからさまな「アマゾン外し」は家電業界の警戒心の現れだろう。

「アマゾン、アップル、グーグルに日本の産業界が支配されちゃったら嫌でしょ?」。冗談交じりに漏らしたのは講談社の野間省伸社長。今や日本最大の書店となったアマゾンに出版業界もおびえる。アマゾンが電子書籍を大安売りしたら、紙の本が激減するかもしれないからだ。

アマゾンがあらゆる業界を食い尽くすのではないか――。個人の生活を一変させる破壊力を秘めた巨大なモンスター。その一挙手一投足に、日本企業は脅威を感じている。

(本誌:二階堂遼馬、前田佳子、山田俊浩、田邉佳介、平松さわみ、石川正樹、福永宏、島田知穂、大野和幸 =「週刊東洋経済」2012年12月1日号巻頭特集。続きは、ぜひ東洋経済でお読み下さい。)

記事は「週刊東洋経済」執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT