ソフトバンク 孫正義 世界一への野望

売上高で世界第3位へ

ソフトバンク 孫正義 世界一への野望

「売上高で世界3位の規模になる」

ソフトバンクの孫正義社長は満面の笑みを浮かべた。

10月15日、ソフトバンクは米国携帯電話3位のスプリント・ネクステルの株式70%を取得し、2013年中に子会社化することで合意した。買収資金は201億ドル(約1兆5700億円)。10月1日に買収を発表したイー・アクセスを合わせれば、契約数は約9600万件となり、国内首位のNTTドコモ(約6000万件)を抜く。売上高は6兆3000億円に上る。

ソフトバンクにとって、1兆円を超える規模のM&Aは、06年にボーダフォン日本法人を1兆7500億円で買収し、携帯事業に参入して以来のことだ。

「借金がだいぶ減ったなというときに、どかっと借金を増やして、大概にせいと言われるかもしれない。借金の返済は可能なのか、と。(その)自信があります」

孫社長は笑顔でこうも言ってのけた。実際、ボーダフォン買収時と比べてソフトバンクの収益力は段違いだ。12年3月期の営業利益は6752億円と約10倍に拡大。フリーキャッシュフローは年間3000億~5000億円を稼ぎ出している。

ボーダフォン買収で膨らんだ純有利子負債(有利子負債−手元流動性)は06年6月末に約2・5兆円あったが、今年6月末で8000億円まで減っており(オンライン記事8ページ下段)、財務体質は改善している。

巨額買収への予兆はあった。今年4月には「負債の削減」から「成長」へ舵を切る趣旨の発言をし、注目されていた。孫社長は「スプリントに照準を合わせたのは数カ月前」と明かしており、その時点で買収を検討していたとみられる。

もちろん、今回の買収による負債は決して軽くない。格付け会社のスタンダード&プアーズやムーディーズは、ソフトバンクを格下げ方向で見直すと発表している。一方、市場関係者からは、「現在のフリーキャシュフローの水準から見て、過度な懸念要素はない」(アナリスト)といった声もある。

次ページ立ちはだかる2強
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。