米携帯3位買収で孫社長「目指すは世界一」

孫正義の目指すところは?

米携帯3位買収で孫社長「目指すは世界一」

ソフトバンクは10月15日、米国の携帯電話3位スプリント・ネクステルを買収すると発表した。総額で約1兆5709億円を投じる外国企業の買収は「日本の経済史において過去最大」のビッグディール。ソフトバンクは先日発表したイー・モバイルとの経営統合に加えて、今回のスプリント社の買収により、「売上高で世界3位の通信会社になる」(ソフトバンクの孫正義社長)。

 東京都中央区のロイヤルパークホテル記者会見場には報道陣やアナリストなど数百人が押しかけ、関心の高さをうかがわせた。会見での孫社長と報道陣とのやり取りを一問一答で紹介する。

--今回のスプリント社買収により、世界第3位の売り上げ規模になるという話だが、日本のユーザーからすると規模の大きさよりもつながりやすさがどうなるかというほうが気になると思うがどうか。

 今年7月から念願のプラチナバンドをやっと展開し始めたところで、いま急激に基地局を増やしている。これから一気に増やしていくので、つながりやすくなるだろう。(M&Aによる規模の拡大で)経営基盤が強くなれば、経営体力も強くなる。設備投資はおカネがないとできない。世界レベルの経営基盤にすることで設備投資がさらに加速できると考えている。

--今後、日本での設備投資計画などに変更はないか。

 これまでいろいろと発表しているが、プラチナバンドの基地局、LTE(次世代高速通信)の基地局の建設が予定よりも速いピッチでできそうだ。速いピッチでより多くの設備投資をやっていきたい。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT