米携帯3位買収で孫社長「目指すは世界一」

孫正義の目指すところは?


--米国で独自の販売方法など考えているか。

 日本でさまざまに培った手法がある。米国ではすでにスプリント社がiPhoneを取り扱い始めて1年だが、獲得顧客の4割が新規。さまざまなノウハウをすでに持っている。(それに加えて)ソフトバンクの持っているユニークなノウハウを米国に投入していきたい。ソフトバンクは国内で5年連続、純増ナンバーワン。そこにはこだわりがあり、売り方を含めて頑張っていきたい。

--具体的な経営体制はどう考えているか。

 米国の上場会社スプリントのCEOとしてダン・ヘッセ氏には継続して頑張ってもらいたい。(スプリントでは)私はアクティブな会長として積極的に経営にかかわっていきたい。


(孫社長とともに会見に臨んだスプリントCEOのヘッセ氏)



--NTTドコモを超える。

 やる以上は男子として一番を目指さなければならない。2位とか3位に甘んじるのは潔しとしない。そういう議論は小さい。いずれはそのようなことを目指すという志。10年以内にドコモを抜くという志は腹の中では緩んでいなかった。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT