米携帯3位買収で孫社長「目指すは世界一」

孫正義の目指すところは?


--米国で独自の販売方法など考えているか。

 日本でさまざまに培った手法がある。米国ではすでにスプリント社がiPhoneを取り扱い始めて1年だが、獲得顧客の4割が新規。さまざまなノウハウをすでに持っている。(それに加えて)ソフトバンクの持っているユニークなノウハウを米国に投入していきたい。ソフトバンクは国内で5年連続、純増ナンバーワン。そこにはこだわりがあり、売り方を含めて頑張っていきたい。

--具体的な経営体制はどう考えているか。

 米国の上場会社スプリントのCEOとしてダン・ヘッセ氏には継続して頑張ってもらいたい。(スプリントでは)私はアクティブな会長として積極的に経営にかかわっていきたい。


(孫社長とともに会見に臨んだスプリントCEOのヘッセ氏)



--NTTドコモを超える。

 やる以上は男子として一番を目指さなければならない。2位とか3位に甘んじるのは潔しとしない。そういう議論は小さい。いずれはそのようなことを目指すという志。10年以内にドコモを抜くという志は腹の中では緩んでいなかった。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。