米携帯3位買収で孫社長「目指すは世界一」

孫正義の目指すところは?


--孫さんはこの先、何を目指すのか。米国1位なのか世界1位か。

 男子として生まれたからには、「いずれは世界一になる」という高い志は持っている。ただ、物事には順番がある。今回はソフトバンクとスプリントが経営統合して、パートナーとして進めていく。まずはそこをやり遂げていかなければならない。

--日本のユーザーに対しては、つながりやすさも含めて、スプリント社買収によるシナジーをどう打ち出していくのか。

 つながりやすさと通信速度の両方だが、今回の買収で世界でも最大規模に近いネットワーク機器の購入量を得る。ネットワーク機器業者への交渉力、調達量は増える。設備投資は今まで以上に行えるし、今までよりも安い価格、条件で手に入る。言い訳がましいかもしれないが、プラチナバンドさえあれば、もっと早くできた。許認可を得たのが今年7月。そこから世界で最も速い速度で設備投資をやっている。つながりやすさでもNTTドコモ、KDDIを必ず超えてみせる。必要な資金は世界規模の会社になれば、十分に入ってくる。

--今回の話は、いつ頃からどういう検討をしたか。

 スプリント社に照準を合わせたのは数カ月前。ただし、ボーダフォン日本法人を買収すると決めた6年前から、日本でのわれわれの経営状況が十分によくなったら、いずれは世界展開により、ドコモを抜いて世界規模の会社になるというのは、モバイル参入の第1日目から考えていた。

--米国で携帯電話5位のメトロPCSコニュニケーションズの買収も取りざたされているが。

 可能性は何でもある。NTTを買収することだってありうる。ただ、どの会社をどうするか。先のことはわからない。言えることはない。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
  • 今見るべきネット配信番組
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT