男達よ、"外見に責任を持つ時代"が来た!

リンカーンも”外見”を戦略的に使った

グローバル社会が進んでいる中、日本人のプレゼン力も問われている。話し方、語学力はもちろんのこと、大型書店では男性の“見た目”に関する本が平積みされ、「男は中身で勝負!」「話せばわかる」といった時代は過去のものとなり、言語を超えた表現手段も求められてきている。本連載では、海外ファッションショーで活躍する美容室から、今、日本人にどのような意識が必要なのかを伝える。

先日、あるベンチャー企業の経営者と会う機会がありました。彼は、初夏の日差しの中、きれいな白いシャツを着て登場。とてもさわやかですてきでした。そのシャツは、日の光にあたると生地の“織り”が入っているのがわかる素材で、おしゃれな出で立ちだったのが印象的です。

しかし、そこに同席したとあるメディアの方に話を聞くと、十数年前の彼は、別会社の社員で、どんな公の場でもTシャツで現れていた、とのこと。

「しかもそのTシャツも、どうしてそれ?って思うくらいの破れたTシャツを着てくるんですよ!でも、彼はあのときから天才でした」。そう語る瞳は、遠い昔の青年を見ているよう。シリコンバレーの数々の起業家がガレージから始まったように、この社長もITの世界に魅入られて、プログラムを書く日々を送っていたのか、と想像すると、なんともわくわくするような気持ちにさせられました。

話題に出たその“彼”は、清水亮さん。今は起業し、株式会社ユビキタスエンターテイメントを運営しています。2013年7月7日発売の手書きコンピュータ、エンチャントムーン(enchantMOON)を手掛けている会社です。その前に、「enchantMOONとは何か」。一言で言えば、「“手書きの自由さ”と“デジタルデータやWebの利便性”を兼ね備えた“魔法の紙”」です。

わたしもenchantMOONに触れて、衝撃を受けました。欲求を先読みして提供してくれるように感じたからです。手書きした文字は自動的に文字認識され、指で囲むことでさまざまな操作ができます。使った感想としては、開発者が「使う側」のことを何度もシミュレーションして作られているな、と感じました。ユーザーのことを慮る力、それが今の日本には欠けており、なんとも頼もしい製品なのではないかと思いました。ちょっとenchantMOONについて熱く語りすぎましたね(笑)。ファッションの連載でした……。

わたしはイベントでenchantMOONの実機に触れ、その革新的なコンセプトに驚くとともに、イベント時の清水社長の“装い”を見て、「この製品を海外に展開するときに、彼は“外見”を戦略のひとつとして使っているのだ」と思うに至ったのです。

次ページリーダーは“外見すべて”に責任を!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT