“腹だけ”痩せる、1日30秒のダイエット法

くびれを取り戻すための秘訣

世の男性は30代半ばあたりから、肉体的、外見的な衰えを感じ始めることが多い。ただ、「もう老いるばかり」とあきらめるのは間違いだ。服装、髪型、話し方、仕事や生活のスタイルなどを気づかうことによって、若さを演出することは十分できる。この連載では、IBM出身の恋愛コンサルタントである青木一郎氏が、頑張らずに若さを保つためのテクニックを、分野別に紹介する。
あなたには今もくびれがありますか?(写真:Barcroft Mediaアフロ )

3年前の出来事です。当時、私は姿勢をよくしようとして、雑誌で読んだ「ある動作」を30秒ほど、毎日3〜4回繰り返していました。1カ月くらい経った頃でしょうか。私は体の異変に気づきました。何とズボンのウエストがユルユルになっているではありませんか!

思いも寄らない体の変化にあぜんとしつつ、すぐさま雑誌を読み返し、何がわが身に起こったのか理解できました。私がやっていた「ある動作」とは、姿勢をよくするものではなく、腹だけやせる方法だったのです。

ということで、今回は「腹だけやせる方法」をご紹介します。食事制限もキツい運動も必要ありません。簡単で効果抜群。夏に向けてぜひ取り組んでいただきたい“頑張らない”アンチエイジングです。

いちばん気になるのは「お腹」

皆さんは、ご自身の体の中で気になる部分はどこでしょうか。ある調査によると、男女共に1位に挙げたのがほかでもない「お腹」です。男性の約6割、女性の7割が「お腹」と回答しています。

それでは、異性の体の中で気になるところはどこでしょうか。同じように、「お腹」と答える人がいちばん多いのです。しかし、この場合の“気になる”には「年を取った」とか「異性として魅力がなくなった」というネガティブなニュアンスが含まれているのが、やっかいなところです。

次ページ相手の体で気になるところは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT