“腹だけ”痩せる、1日30秒のダイエット法

くびれを取り戻すための秘訣

世の男性は30代半ばあたりから、肉体的、外見的な衰えを感じ始めることが多い。ただ、「もう老いるばかり」とあきらめるのは間違いだ。服装、髪型、話し方、仕事や生活のスタイルなどを気づかうことによって、若さを演出することは十分できる。この連載では、IBM出身の恋愛コンサルタントである青木一郎氏が、頑張らずに若さを保つためのテクニックを、分野別に紹介する。
あなたには今もくびれがありますか?(写真:Barcroft Mediaアフロ )

3年前の出来事です。当時、私は姿勢をよくしようとして、雑誌で読んだ「ある動作」を30秒ほど、毎日3〜4回繰り返していました。1カ月くらい経った頃でしょうか。私は体の異変に気づきました。何とズボンのウエストがユルユルになっているではありませんか!

思いも寄らない体の変化にあぜんとしつつ、すぐさま雑誌を読み返し、何がわが身に起こったのか理解できました。私がやっていた「ある動作」とは、姿勢をよくするものではなく、腹だけやせる方法だったのです。

ということで、今回は「腹だけやせる方法」をご紹介します。食事制限もキツい運動も必要ありません。簡単で効果抜群。夏に向けてぜひ取り組んでいただきたい“頑張らない”アンチエイジングです。

いちばん気になるのは「お腹」

皆さんは、ご自身の体の中で気になる部分はどこでしょうか。ある調査によると、男女共に1位に挙げたのがほかでもない「お腹」です。男性の約6割、女性の7割が「お腹」と回答しています。

それでは、異性の体の中で気になるところはどこでしょうか。同じように、「お腹」と答える人がいちばん多いのです。しかし、この場合の“気になる”には「年を取った」とか「異性として魅力がなくなった」というネガティブなニュアンスが含まれているのが、やっかいなところです。

次ページ相手の体で気になるところは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。