セレブがハマる「5:2ダイエット」とは?

ジェニファー・ロペス、ビヨンセも実践中

年末年始は体重が増えがち。健康的に体重を落とすためにはどうすればいいか?

感謝祭、クリスマスパーティでごちそうを食べ過ぎてズボンやスカートが急にきつくなってしまった。すぐにでも元の体型に戻したい――。こんな悩みを持つ欧米人の間で今、流行っているダイエット方法があるのをご存じだろうか。

その名は「5:2ダイエット」。イギリス発のこのダイエット方法は欧州から米国に広がり、ジェニファー・ロペス、ビヨンセなどのセレブも実践している。

5:2ダイエットは1週間のうち日だけプチ断食すればいい。男性であれば600カロリー、女性であれば500カロリーに制限する。たとえば、火曜と木曜の日を制限日にして、週末は家族と一緒に普通に食べるという具合。残りの日は通常の食べ方であれば、カロリー計算しなくてもよく、日だけカロリーを計算すれば済んでしまう手軽さが受けている。

ただし注意点がある。10代の伸び盛りの人や妊娠中や授乳中の女性、糖尿病患者等には、このダイエットは不向き。健康上の問題がある人は医者と相談する必要がある。

日は好きに食べてOK

50代の英国紳士、ピーターに話を聞いたピーターは、この5:2ダイエットを今年の4月から始めている。「月曜と木曜の日が僕のダイエット日で、お腹がすいた時はジムで運動する。今では8キロも減ったので、ズボンをすべて買い替えた。カロリーの低いニンジンやブロッコリーをよく食べるようになった。高かった血圧も下がって、朝の目覚めがすごくいい」と嬉しそうだ。

『5:2ダイエット――5日間はごちそう、2日間は絶食で体重を減らし、健康を実現』という本を著したケイト・ハリソンは、太ったり痩せたりというヨーヨー現象を繰り返していたが、叔母を乳がんで亡くしたことが転機になり、本格的にダイエットに挑んだ。

ちょうどその頃、イギリスの公共放送局BBCの番組「食べて、絶食して長生きする(Eat Fast and Live Longer)」を見て、5:2ダイエットに取り組む。彼女は「たった5カ月の実践でドレスのサイズがつ下がり、体重を10%以上落とせた」と出版社のインタビューで語っている。若い頃からいろいろなダイエット方法を試したものの、長続きしなかったが 40代半ばで、ようやく効果のあるダイエットに落ち着いたのだ。そこで5:2ダイエットの実践過程で試行錯誤を続け、その体験を本にまとめたわけである。

次ページ体重が減るだけではない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT