セレブがハマる「5:2ダイエット」とは?

ジェニファー・ロペス、ビヨンセも実践中

健康上の理由からこのダイエットを続ける人もいる。弁護士のアニカは半年間このダイエットを行っているが、体重に関していえば2キロ減っただけだ。

「多くの女性たちが体重のことを気にして、このダイエット法を取り入れているけれど、私が始めたのはダイエットのためではなく健康面の理由から」と語り、その効果に満足しているようだ。というのも、5:2ダイエットを始めてからは、風邪をひかなくなり、身体が丈夫になったという。

まるでモデルのようにやせている彼女は「私は40代でオールドママなので息子のためにも始めた」と言う。若く健康であり続けるために行っているのだ。"食べない日"には、彼女は外食先ではドレッシングをかけないサラダを食べ、自宅では自分で調理した低カロリーメニューを食べる。仕事と子育てで忙しい彼女にとって2日間食べない、という習慣付けはそれほど難しくないという。

風邪を引きにくくなる

コンサルタントのケビンも健康上の理由から始めた。「お腹が空いているときは、今ちょうど脂肪が燃えているところ、と考えながらカロリー制限の2日間を過ごしている」。彼の体重は3キロ減っただけだが「以前よりも身体が丈夫になった。職場でみんなが風邪をひいても、自分だけは平気だった」と言う。

食べ過ぎが続き太ると通風、糖尿病、高血圧、心臓病、脳卒中、ガンなどの病気にかかりやすくなる。 米国立エイジング研究所でのネズミによる研究では、絶食するとアルツハイマー病、記憶衰退、老人性痴呆症などの頭の病気になりにくくなる。つまり、絶食に近い小食を取り入れると、 体重の減少だけでなく、 記憶力が良くなり、おまけに食費も節約できるのだという。

建築設計事務所で働くエリエルによると、「始める前に、パーソナルトレーナーにウエスト、体重、身長などを測定してもらった。体脂肪率は36%もあってショックだった。カロリー制限日は朝食にサラダ、夕食は鶏肉か魚と茹でた野菜、それとスープだけ。最初の1~2週間はお腹がすいて大変だった」と振り返る。しかし、エリエルはカ月で体重をキロ減らし、ウェストは約7センチ細くなった。

5:2ダイエットは日坊主の飽きっぽい人でも長続きできる点に、大きな特徴がある。もちろん効果には個人ごとの差があるものの、チャレンジしてみる価値はあるかもしれない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。