退屈なアメリカンファッションを変える才能

ユニクロからバレンシアガまでを魅了

「若いデザイナーはファンタジーのような服ばかり作っていると思われがちだけれど、僕はもっと女性が無理なく手に入れられるファッションを生みたいと思っているんだ。ニューヨークは実験あふれる町だから、そんなこともできるはずなんだ」

これはある意味では、超高価なハイファッションに対する挑戦でもあり、才能あるファッション・デザイナーの手になる服が手頃な値段で売られるという、新しいカテゴリーを作り出すことにもなった。同時に、ファッション・デザイナーとは、お高くとまった天上の人ではなくて、等身大の今を生きる人物としても感じられるようになったのだ。

ユニクロから、バレンシアガまで

アレキサンダー・ワングの、その人となりも実に魅力的だ。細面で、まるで女性のように繊細な顔立ち。それでいてエネルギッシュで、ダンスが好き。ファッションショーのカーテンコールでも、時に長い髪を揺らし、踊りながらあいさつに出てくる。奔放で無邪気な彼のエネルギーは、その場にいる人々に伝染する。新しいアメリカン・ファッションをリードする人間として、彼以上にふさわしい人物はいないだろう。

2008年にユニクロとコラボしたワングのラインは、発売後30分で完売した。そのとき、ワンピースは3000円以下の値段だったが、2012年には、それとは対極のパリのファッション・ハウスであるバレンシアガのクリエイティブ・ディレクターに任命された。抑制されたシックなデザインで知られる歴史あるバレンシアガを、今秋開かれる2014年春夏のデビュー・コレクションで彼がどう生まれ変わらせるのか、大いに期待が高まっているところだ。

ワングは、自身のファッション哲学をこう説明している。

「まったくこれまでとは違ったことをしたいし、それにはリミットはない。けれども違ったことというのは、今までにない新奇なこととは違う。どこかに馴染みの感じられるようなもの。それはとても大切なことなんだ」。

そして、若いデザイナーにはこんなアドバイスも与えている。

「子供だましのような安物を超えて、ずっと先へ行くこと。アクセサリーは、ぴったりと適度であること。そして、自分自身のビートに乗ってデザインすること」

人生で感じる驚きへの反応をかたちにしているというワング。その驚きを共有できるわれわれは、まさに幸運というべきだろう。
 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。