3万個突破!「ゴミ袋収納」への凄まじい需要

手掛けたのは、あのデザイン界の風雲児

オシャレ雑貨メーカーの、昨年のナンバーワンヒット商品が、なんとゴミ袋収納だった!

「この発想は世界初。でも、最初はこの商品、売れないと思っていました」と、アッシュコンセプトの名児耶秀美(なごや・ひでよし)社長は笑う。

この商品とは、2015年6月に同社が発売した「ポケット」だ。国内のみならず、オーストラリア・メルボルンの直営店舗でも売れ行きは好調で、販売数は3万個を突破。昨年の年間ナンバーワンヒットとなった。

コロンとしたフォルムとカラフルな色展開がかわいらしいが、単なるキーホルダーではない。スーパーやコンビニでおなじみのアレを収納するアイテムなのだ。あると安心かつ便利だが、いまいちスマートに収めることができないもの――そう、これは、レジ袋やビニール袋を収納して持ち歩くためのケースなのである。

ファミリーや愛犬家の外出時に大きなニーズ

この連載の過去記事はこちら

同社は、主に生活用品の企画製造や販売を行う、デザイン業界では誰もが知るベンチャー企業だ。2002年の設立時から展開しているオリジナルブランド「+d(プラスディー)」は、ユーモアあふれるデザインが人気で、海外での評価も高い。繰り返し使っても元の形に戻る動物型の輪ゴム「アニマルラバーバンド」や、インスタントラーメンのフタをおさえてくれる「カップメン」などの代表商品は、皆様も雑貨店などで見たことがあるのではないだろうか。

「+d」のコンセプトは、「デザイナーのメッセージを形にすること」。同社がプロデューサー役を担う形でデザイナーとコラボレーションし、これまで100人以上のデザイナーのアイデアを商品化してきた。「ポケット」もそのひとつである。

この企画を同社に持ち込んだのは、夫婦で活動するデザイナー、NIIMI(ニイミ)だ。外で何かを買ったときや、ちょっとしたゴミをまとめたい時などに、レジ袋のように軽くて小さくなる物をいつも持ち歩ければいいのにという発想から生まれたという。

次ページ多くの女性がビニール袋に困っていた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。