3万個突破!「ゴミ袋収納」への凄まじい需要

手掛けたのは、あのデザイン界の風雲児

オシャレ雑貨メーカーの、昨年のナンバーワンヒット商品が、なんとゴミ袋収納だった!

「この発想は世界初。でも、最初はこの商品、売れないと思っていました」と、アッシュコンセプトの名児耶秀美(なごや・ひでよし)社長は笑う。

この商品とは、2015年6月に同社が発売した「ポケット」だ。国内のみならず、オーストラリア・メルボルンの直営店舗でも売れ行きは好調で、販売数は3万個を突破。昨年の年間ナンバーワンヒットとなった。

コロンとしたフォルムとカラフルな色展開がかわいらしいが、単なるキーホルダーではない。スーパーやコンビニでおなじみのアレを収納するアイテムなのだ。あると安心かつ便利だが、いまいちスマートに収めることができないもの――そう、これは、レジ袋やビニール袋を収納して持ち歩くためのケースなのである。

ファミリーや愛犬家の外出時に大きなニーズ

この連載の過去記事はこちら

同社は、主に生活用品の企画製造や販売を行う、デザイン業界では誰もが知るベンチャー企業だ。2002年の設立時から展開しているオリジナルブランド「+d(プラスディー)」は、ユーモアあふれるデザインが人気で、海外での評価も高い。繰り返し使っても元の形に戻る動物型の輪ゴム「アニマルラバーバンド」や、インスタントラーメンのフタをおさえてくれる「カップメン」などの代表商品は、皆様も雑貨店などで見たことがあるのではないだろうか。

「+d」のコンセプトは、「デザイナーのメッセージを形にすること」。同社がプロデューサー役を担う形でデザイナーとコラボレーションし、これまで100人以上のデザイナーのアイデアを商品化してきた。「ポケット」もそのひとつである。

この企画を同社に持ち込んだのは、夫婦で活動するデザイナー、NIIMI(ニイミ)だ。外で何かを買ったときや、ちょっとしたゴミをまとめたい時などに、レジ袋のように軽くて小さくなる物をいつも持ち歩ければいいのにという発想から生まれたという。

次ページ多くの女性がビニール袋に困っていた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 買わない生活
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT