クリーニング要らず!家洗いの「最強兵器」

半数以上がリピーター化する「洗剤」の秘密

母は他メーカーのおしゃれ着用洗剤も何本か常備しているが、劣化させたくない大切な衣類を手洗いする際は、必ず「ドライニング」を使うという。さらにこんなことも言っていた。「洗濯機でガンガン洗う場合も、手持ちの洗剤とブレンドすると、シワが寄らず仕上がりがいい気がする」

コスパの高さも魅力

この商品を知って以来、筆者も革物やアイロンがけに自信のない衣類以外は、「ドライニング」で自宅洗いだ。他社製品では仕上がりがベッタリしてしまうものもあるが、これだとニットはふんわり、パンツはスッキリ、麻のシャツはナチュラルな風合いにと、素材が生きるように仕上がる気がする。

また、レーヨンのオシャレ着も、クリーニング店で「洗えない」と突き返された洗濯表示のないシルクの輸入ワンピースも、イケた。すべての工程をかなり手早く行ったので、ちゃんと洗えているかは謎だが、その後黄ばみや劣化も特に見られないので問題なし。ワンピースが若干色落ちしたのは悔しかったが、洗うかどうかの判断は自己責任なので不満はない。

筆者は台所用の中性洗剤でも手が荒れるタイプだが、これは素手で扱っても特に荒れたことはない。洗濯中にほのかに漂うオレンジの香りも好みだ。流行の香り系柔軟剤のようなニオイは苦手だが、無香料も洗った気がしなくて寂しいと感じる筆者には、ほどよい。しかも香りは乾けば消えてしまうので、クリーニング店に出した後のニオイが気になるような敏感な人も、快適に衣類を着用できるだろう。

時々、ほかのおしゃれ着用洗剤に浮気しても、結局「ドライニング」に戻ってきてしまうのは、コスパの高さも大きな理由のひとつだ。とにかくクリーニング代が激減し、節約になる。

同社の試算(2015年5月現在)によると、大手クリーニング店にスラックスを出すと1枚672円かかるが、「ドライニング」を使い水30Lで5枚洗うと1枚13円となり、659円もお得になるという。ダウンジャケットやこたつ布団に至っては、水30Lで1枚洗うと64円となり、それぞれ2036円、3086円の節約になるそうだ。

他社製品と比べるとどうか。筆者が愛用する液体タイプは、同社のオンラインショップで買うと1620円(税込)だ。他社の同量製品は300円前後で買えるものもあるため、高いと思うかもしれない。だが、使用量は水30Lで15mlと、安価な他社製品の約半分。長持ちするので頻繁に買う手間がないし、安く購入できれば他社と比較した割高感も軽減されるだろう。

次ページドライニング以外にも、大ヒット商品が
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 住みよさランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。