家が自然に片づく!「トヨタ式片づけ」の威力

ごちゃつく最大の原因「おもちゃ」も退治

xiangtao / PIXTA(ピクスタ)
雑然とした空間では仕事の効率も上がらないもの。そういうとき、多くの会社や製造現場で威力を発揮しているのが「トヨタの片づけ」です。実は一般家庭の片づけにおいても非常に役にたちます。『トヨタの片づけ』(KADOKAWA)を応用し、家全体の片付けについて取り上げた前回に続き、今回は家が散らかる最大の原因、子ども用品の片づけ問題に切り込みます。

 

前回は、「トヨタ式片づけ」を家庭で実践する場合の、基本的なポイントをお伝えしました。今回の記事では、子どもがいる家庭ならではの具体的なポイントについてお伝えします。

【こんなこと、ないですか?】
① 子どもの物は無法地帯。どこから着手したらいいのか、わからない…
② 「片づけなさい!」と叱ってばかり。自分が嫌になる
③ 子どもの前でどんどん物を「捨てる」なんて…。物を大切にしない子になりそう

子どもがいたら、片づけは不可能?

夫婦だけの時には、食器やインテリアにもこだわった、すっきりと統一感がある部屋だった。でも、子どもが生まれてからは、おもちゃに服にどんどん物が増えていく。昔の“ステキ空間”なんて、跡形もない――小さな子どもがいるご家庭の大部分は、このような状態ではないでしょうか。

でも、諦めるのはまだ早い!子どもと親自身の気持ちをつぶさに観察し、それにフィットした対応をとれば、すっきりした部屋で毎日を送ることがきっとできます。

そこで役立つのがトヨタの現場の考え方を元にした「トヨタの片づけ」です。それでは具体的な進め方に沿って、実践していきましょう。

子どもと実践!「トヨタの片づけ」のポイント

① 時間の余裕があるタイミングを選ぶ

片づけはやると決めたらさっとやり終えてしまいたいものですが、ぜひここで子どもを巻きこみましょう。定着すれば、子どもが片づけの貴重な戦力になるからです。

子どもとやる場合には時間の余裕がある時を選んで下さい。いずれ自発的に片づけるようになることを思えば、ここはガマンして付き合うのが”得策”です。

せっかく子どもが興味をもって遊び感覚でやり始めても、「早くしなさい!」と言ったとたんに楽しい気持ちは消えてしまいます。そうなると、片づけは「楽しいこと」ではなく「親から言われて仕方なくやること」に。「お父さん・お母さんが、何か楽しい遊びを一緒にしてくれそう」というようなワクワク感を持たせることが重要です。

次ページ捨てることは「悪」という考えは捨てる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT