センスよく見える人は「1軍の服」しか着ない

「毎日違う服を着るのがおしゃれ」はウソ!

1.無地のTシャツ
着ていて落ち着く、合わせやすい。白、黒、カーキの3色もつといい。
2.黒のスキニーパンツ
合わせる服を選ばない。カジュアルにもきれいめにも合わせられる。
3.シンプルな白の革のスニーカー
スマートに見える。モードにもカジュアルにも合わせられる。

女性でしたら、こちらの3つを手に入れていただきたいです。

1.ボーダーシャツ
柄物だけど流行に左右されず、着る時代を選ばないアイテム。長袖と半袖があると便利。
2.フレアスカート
細いストライプがあわせやすくお勧め。暑い季節の味方です。
3.黒のワイドパンツ
着心地がよく、お尻や太ももを隠して体型をうまくカバーしてくれます。

1軍の服だけをキープするコツ

書影をクリックするとアマゾンの販売ページにジャンプします

放っておくと際限なく増えていく服。制服化を続けるには、1軍の服のみにすることが大切です。まず、シーズンを振り返って、ほとんど着なかった服があればここで手放します。

今シーズンたくさん着た服も、使用頻度が高かったがゆえに、生地が大分傷んでいることが多いです。コートなどの数年着られる生地のものは別として、Tシャツやニットなどは、生地がへたってきたら手放します。

また、何か古いな、と感じたら手放しましょう。昨年、気に入ってくり返し着た服。生地も傷んでないし今年も着よう…と思って鏡の前で合わせてみると「アレ、何か古い?」と思うことがあります。定番のニットも、T シャツも、ボトムも毎年シルエットが変わっています。

雑誌や街で見かけるシルエットとの違いが、「何か古い」と感じさせます。こういう場合、無理して着ても「変かな?」と気になってテンションも上がらないので、いいことがありません。すっぱりと、売れるうちにリサイクルショップに持ち込んで、空いた空間に本当にときめく服をお迎えしたほうがおしゃれを楽しめると思います。 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • はじまりの食卓
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。