デキる男は「白パン」をここまで履きこなす

マンネリ打開のカギは「配色の逆転」にあり

ビジネスファッションの新定番になりつつあります(写真は筆者)

休日カジュアルのみならず、平日であっても白いズボン、いわゆる「白パン」を履くビジネスマンを、最近よく見かけませんか?

私は「プロの目線でユニクロもカッコよく!」をモットーとして、これまで延べ3800人以上のビジネスマンのファッションをトータルコーディネートしてきました。その私からは、この11年間で「ビジネスパンツの常識」が大きく変わったように見えます。

5カ月間のクールビズと5カ月間のウォームビズ(平成28年度)、環境省が推進するプロジェクト「COOL CHOICE(賢い選択)」を実践した場合、年間12カ月のうち10カ月はオフィスの温度に適した格好が優先される時代。つまり、一揃いの生地でできたスーツ以上に、温度調整を主としたビジネスファッションのバリエーションが、今まさに必要となっています。

ノージャケット・ノーネクタイの苦悩

ビジネスパンツの定番といえば、ウール混紡のスラックスではないでしょうか? 素材・形もスーツパンツと変わりませんし、ノージャケット・ノーネクタイスタイルで合わせることも一般的です。

スーツ量販大手4社が、20~40代向けに運営するTHE SUITS COMPANY(青山商事)、オリヒカ(AOKIホールディングス)、SUIT SELECT(コナカ)、P.S.FA(はるやま商事)においても、スラックスの商品ラインナップは定番のグレー系のみならず、ネイビー系から柄物までバリエーションは豊富にそろっています。

定番のスラックスに、白・ブルー・ピンクといった明るい色のビジネスシャツを合わせることで、軽装ながらカチッとした印象を確保。ただ唯一の難点を挙げるならば、クールビズ期間はシャツの色が微妙に変わるだけで、印象自体に大きな変化が見られないことです。

ノーネクタイ・ノージャケットのビジネスファッションでは、身に着けるアイテム数が少ないからこそ、差をつけるポイントが限られてしまいます。この状況を打開した着眼点が、「配色の逆転」。クールビズ期間の定番配色といえば、必ず上半身が下半身より明るくなります。一方、カラーシャツに白いチノパンを合わせたとき、上半身と下半身の配色は逆転し、従来と異なる印象が生まれるのです。

チノパンといえば、そのワークテイストからカジュアルな印象に捉えられがち。だからこそ、定番色であるベージュより、白いチノパンがビジネスファッションに向いていると私は考えています。木くずなど汚れが目立ちにくい定番色ベージュのチノパンには、どうしてもカジュアルなイメージを連想するでしょう。一方、下半身に汚れやすい白色をあえて持ってくるその余裕が、チノパンであっても相手に清潔感をイメージさせます。

次ページ白パンの魅力とは
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。