伊勢丹は、なぜ5月に夏物セールをやるのか

新宿店が6日間のセールで7億円販売!

クールビズに切り替わるこれからの時期、伊勢丹新宿店は早くも夏物セールを仕掛ける(写真:梅谷秀司)

百貨店の衣料品セールといえば、7月から8月にかけての夏物、年始からの冬物のセールが一般的だ。百貨店側からすれば、季節の移り変わりで店頭商品を入れ替える前に、正価販売で売れ残った品物の販売価格を下げ、在庫の大量発生を避ける狙いがある。

消費者にとっても大幅値引きは歓迎するところ。だが、セール品は売れ残り商品であること、またシーズン終盤まで待たなければならず、そのシーズンに着られる期間は限られる。

夏入り前に夏物セールを開催

だが、これからクールビズに切り替わっていく5月中旬に、夏物商品を大々的にセール販売するイベントがある。伊勢丹新宿本館が仕掛ける「紳士ファッション大市」がそれだ。

例年5、10月の年2回開催され、今年5月は会期中の6日間で7億円の売り上げを見込む。数ある催事の中でナンバーワンの売り上げ規模を誇り、2位の「イタリア展」と比べても倍以上の差をつけている。

今年の会期は5月13~18日の6日間。コンセプトは「日本のビジネスマンを格好よくしたい」で、スーツ、ジャケット、ワイシャツ、靴などビジネスアイテムが品ぞろえの中心となる。伊勢丹新宿本館の6階、催物場をメインに全部で5会場で展開される。普段は女性向けの商品が中心の新宿本館だが、この時ばかりはメンズ一色の雰囲気になる。

こうしたイベントはレディースにはない。その理由は「女性は基本的に買い物好きで普段から欲しい物はこまめに買う。一方、男性は必要に迫られて買うことが多く、いっぺんにまとめ買いする傾向がある。その機会をご提供するのが『紳士ファッション大市』の役割と考えている」(広報)という。

次ページメンズ館の商品との違いは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT