伊勢丹は、なぜ5月に夏物セールをやるのか

新宿店が6日間のセールで7億円販売!

クールビズに切り替わるこれからの時期、伊勢丹新宿店は早くも夏物セールを仕掛ける(写真:梅谷秀司)

百貨店の衣料品セールといえば、7月から8月にかけての夏物、年始からの冬物のセールが一般的だ。百貨店側からすれば、季節の移り変わりで店頭商品を入れ替える前に、正価販売で売れ残った品物の販売価格を下げ、在庫の大量発生を避ける狙いがある。

消費者にとっても大幅値引きは歓迎するところ。だが、セール品は売れ残り商品であること、またシーズン終盤まで待たなければならず、そのシーズンに着られる期間は限られる。

夏入り前に夏物セールを開催

だが、これからクールビズに切り替わっていく5月中旬に、夏物商品を大々的にセール販売するイベントがある。伊勢丹新宿本館が仕掛ける「紳士ファッション大市」がそれだ。

例年5、10月の年2回開催され、今年5月は会期中の6日間で7億円の売り上げを見込む。数ある催事の中でナンバーワンの売り上げ規模を誇り、2位の「イタリア展」と比べても倍以上の差をつけている。

今年の会期は5月13~18日の6日間。コンセプトは「日本のビジネスマンを格好よくしたい」で、スーツ、ジャケット、ワイシャツ、靴などビジネスアイテムが品ぞろえの中心となる。伊勢丹新宿本館の6階、催物場をメインに全部で5会場で展開される。普段は女性向けの商品が中心の新宿本館だが、この時ばかりはメンズ一色の雰囲気になる。

こうしたイベントはレディースにはない。その理由は「女性は基本的に買い物好きで普段から欲しい物はこまめに買う。一方、男性は必要に迫られて買うことが多く、いっぺんにまとめ買いする傾向がある。その機会をご提供するのが『紳士ファッション大市』の役割と考えている」(広報)という。

次ページメンズ館の商品との違いは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。