伊勢丹は、なぜ5月に夏物セールをやるのか

新宿店が6日間のセールで7億円販売!

伊勢丹の紳士向け商品といえば、メンズ館で展開されているような、高品質で最新の流行を取り入れたファッションがイメージされる。

「紳士ファッション大市」では、そうした高級・最旬アイテムも並ぶが、比較的値段を抑えたベーシックな商品もそろう。幅広いグレードの品物から、顧客は自分に合ったものを選ぶことができる。

大市用のオリジナル商品も展開

価格は抑えても、「格好良さ」を重視する方針はメンズ館と変わらず

メンズ館で売られているアイテムが、たとえば複数のサイズで欠品を起こして陳列が難しくなった場合、割り引きされて大市に移ることもある。ただ期間中は基本的に大市と伊勢丹メンズ館で別の商品が展開される。

大市のために特別に仕入れるものや、オリジナル商品の開発も行われている。短期間で大量販売が可能なため、価格を安くすることができる。元値から30%オフが基本だが、半額の場合も。

人気は「よりどり2点スーツ」。2着で2万7000円、3万7800円、5万4000円などのラインナップが用意されている。会期中の販売量はケタ違いで、スーツは6日間で約6000着が売り切れるという。

大市が最も賑わうのは週末だが、平日にも仕事の合間を縫って訪れたと思われるスーツ姿の男性の姿を見かけることができる。また、女性による代理購買も多いという。

近年は、消費者の購買パターンも多様化しており、新鮮味のない従来のクリアランスセールはかつての訴求力を失っている。多彩な仕掛けで、顧客ニーズを探る百貨店の模索は続きそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。