あの人のビジネスシャツがカッコ悪い理由

今さら聞けない選び方「基本中の基本」

シャツを単体で選んではいけません。ネクタイの有無も含め、襟型を考慮したシャツ選びが、実は重要だったのです。昨今、ビジネスシャツを選ぶとき、ボディラインにのみフォーカスしがちですが、ネクタイの有無によって、似合うシャツの襟型が変わることをご存じでしょうか?

ビジネスシャツには、プラスチック製の襟(カラー)キーパーが入っています。襟の強度を保つことはできますが、第一ボタンを開けたとき、必ずしも襟先が安定するとは言い切れません。

定番の「レギュラーカラー」

定番の「レギュラーカラー」でさえも、第一ボタンをはずした状態では、襟先がピョコッと浮いてしまいます。75~90度の開きがあるこの襟型は、結び目が小さいプレーンノットで絞めるネクタイを前提としているからです。同様に、襟が小さい「ショートカラー」も第1ボタンを外して着る場合、襟先が浮きます。襟先までの距離が短く、ナロータイと呼ばれる細いネクタイに合わせるデザインだからです。

つまり、シャツの襟型によって「合わせるネクタイの太さ・結び方が、そもそも異なる」ということ。では、ノーネクタイに合う襟型とはどんなデザインなのでしょうか?

ノーネクタイに合う「2つの襟型」

シャツは、古代ローマ時代のチュニックがその起源といわれています。中世ヨーロッパでは、貴族が華やかさをアピールするため、華美な襟型が多く、現代の襟型とはまったく異なるものでした。ネクタイを絞めることを想定した現代ビジネスシャツの襟型の多くは、20世紀以降に生まれたのです。

そんな折、1900年頃、ジョン・E・ブルックスが襟先にボタンを付けたシャツを開発しました。英国の伝統的スポーツ「ポロ」を観戦した彼は、「風で襟が乱れることを防ぐために付いていた襟先のボタン」からインスパイアを受け「ボタンダウンシャツ」をつくったといわれています。ノーネクタイで合わせることを想定して開発されたかは定かではありませんが、留めた襟先が浮かないことから、ノーネクタイであってもVゾーンが安定するのです。

イタリアで人気の「ホリゾンタルカラー」

一方、まったく異なるアプローチで襟立ちをきれいにする方法もありました。イタリアで人気の「ホリゾンタルカラー」が、ノーネクタイに合うシャツだということは意外と知られていません。180°の開きがあるこの襟型は、第一ボタンをはずしても、その開いた角度によって襟先の形が崩れずきれいに見えます。

2008年頃、大手セレクトショップSHIPSをはじめとした一部のショップでのみ扱われていたこの襟型は、2016年現在ではスーツ量販業界においても定番として販売されています。ただし、ネクタイを合わせる場合、その襟の開きから結び目が大きくなる「ウィンザーノット」、「セミウィンザーノット」に向いていると覚えましょう。

次ページ清潔感は袖先で判断されていた?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT