忘年会前に知りたい「靴下選び」5つの基本

スーツの裾から「すねチラ」は女性ウケ最悪

服はステキなのに、靴下がガッカリで興ざめ...と思われないように、忘年会の前にはきちんと選んでおきたい(撮影:筆者)

師走のこの時期、ビジネスパーソンが最も気にすべきファッションアイテムといえば、靴下だろう。といっても「サンタクロースにプレゼントを入れてもらう用」ではない。

12月といえば、忘年会のシーズン。宴会場や居酒屋は座敷席や土足厳禁、上司や先輩、あるいは取引先の前で靴を脱ぐ機会が圧倒的に増える。要するに、普段は地味で目立たぬ「靴下」といういぶし銀の脇役が、がぜん表舞台に立つことになるわけだ。

そこで「穴が開いている」「汚れている」、あるいは「スーツスタイルにあるまじき靴下をはいている」となると、あなたのイメージがあっという間に悪くなってしまう。「だらしない」「汚い」「あのセンスはヤバい」……。そんなイメージを抱かれたまま今年1年を締めくくることにならないように、靴下選びにも気を配りたい。

女性はけっこうアナタの靴下を見ている

「そもそも、靴下に気を配らない男性が多い。しかし、最近はパンツ丈の短いスーツが増え、以前よりずっと靴下が人の目に付きやすくなっているんです。もう少し気にしていただきたいですよね」。こう話すのは、松屋銀座の紳士部バイヤーで、紳士靴下を担当している木村麻里さん。

「靴下は、意外と女性の視線が向くんです。旦那さまや彼氏などへのプレゼントとして、靴下はネクタイに次いで女性が選ぶことが多いので、自然と注目してしまうのかもしれません」と、靴下は女性にかなり見られていることを指摘する。

次ページ靴下でセンスがわかる?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT