ズボラ社員の為のバッグインバッグ超活用術

"名刺入れ行方不明事件"もこれで即解決!

荷物の多い若手ビジネスパーソンにおすすめしたいのが「バッグインバッグ」だ(撮影:箱田高樹)

「人は見た目が9割」だという。では、ビジネスバッグの場合はどうだろうか?

もちろん見た目も大事だが、何より大事なのが中身であることは言うまでもない。したがって、いくら機能的かつスタイリッシュなビジネスバッグを使っていても、チャックを開けたら中身がゴチャゴチャ。取引先と会うたびに「名刺、名刺」と探し始め、大事な書類もぐしゃっと収納。「ややっ、コレいつ買ったフリスクだっけ?」などとうろたえる様は、いかにもデキないビジネスパーソンに見える。周囲からキビキビとした動きを期待されがちな若手なら、そう見られるのは避けたいところだ。

ズボラな人こそ、バッグインバッグを活用せよ!

そんな若手ビジネスパーソンにおすすめしたいのが「バッグインバッグ」だ。言うまでもなく、バッグインバッグとは、バッグの中に入れるインナーバッグのこと。スマホや書類、サイフやノートPCなどをきれいに整理整頓して入れられる。

かつてはモバイルPCの収納ケースのようなシンプルなデザインのものが多かったが、最近はバッグ店などにも置かれるようになり、お洒落なタイプが増えた。

「もちろん知っているけれど、俺はマメじゃないから、小物をそこにいちいち入れて使うのが面倒くさい」と、敬遠する人も多いだろう。だが、むしろ反対である。実は、ズボラな人こそ、バッグインバッグを使うべきなのだ。その理由は何か?大きく分けて3つある。

次ページ会議時の移動がスムーズに
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT