ズボラ社員の為のバッグインバッグ超活用術

"名刺入れ行方不明事件"もこれで即解決!

バッグインバッグの選び方「3つのオキテ」

では、実際にバッグインバッグを選ぶとしたら、どんなものを選ぶのが正解なのか。前出の松屋銀座バイヤー、黒岩さんの協力も得て考えてみた。

必携道具が入る大きさで軽めのバッグを

1.必携の仕事道具の中で最も大きなモノが入るバッグを選ぶ

当たり前だが、必ず持ち運びたいものが入らなければ、意味がない。例えばノートPCが必須の人はそれが入るサイズを選ぶ。ノートPCを使う人は、ウレタン製の緩衝材が入ったバッグインバッグもあるので、それを選ぶのがいいだろう。

2.素材はなるべく軽いものを選ぶ

基本的にバッグの中に入れるものだ。それほど堅牢な素材である必要はない。それよりも、意識したいのは「軽さ」だ。なるべく重くならない、ナイロンやポリエステルなどを選ぶのがベターだろう。

3.「外使い派」はクラッチバッグ風、「デスクワーク派」は自立型を選ぶ

社内外のちょっとした打ち合わせやランチタイムにもバッグインバッグを持ち歩きたい――。そういうタイプの人は、軽めのクラッチバッグをバッグインバッグとして転用するのも手だ。ちなみに黒岩さんはまさにクラッチバッグを使っている。外で使ってもスタイリッシュだ。

もっとも、外での打ち合わせが少ないデスクワーク派ならば、文具メーカーなどから出ている、取り出してそのまま自立させられるタイプもおすすめだ。自分のデスク脇におけばすぐに仕事ができる。固定席がないフリーアドレス制のオフィスなら、バッグインバッグを置けば即席の「自分の仕事空間」ができあがる。

以上、バッグインバッグのメリットと選び方を紹介してきた。ズボラな人ほど使い勝手がいいことがわかってもらえたのではないだろうか。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • はじまりの食卓
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。