女ウケが悪い男は仕事服のこの2点を変えよ

こだわりの高級時計など誰も見ていない

ネクタイと靴下です。

特にネクタイは、男性が想像する以上に女性からチェックされています。男が選びがちな、無難なカラーのレジメンタル・ストライプタイは、女性の好みではないようです。女性受けするネクタイは、もう少し華やかな色だったり、花柄のように女性の心の琴線に触れるような柄。

ある時、ボクがたまたま可愛目の柄物ネクタイを着けて取引先に伺ったら、取引先の女性社員の視線がボクの胸元に一点集中。その視線に思わず手で胸を隠しそうになったとき、彼女が一言つぶやいたんです。

「ネクタイ、可愛い」

彼女がその後説明してくれたのですが、職場の男性社員のネクタイは地味で、「ウチの男性社員はみんなネクタイの趣味が悪い。こっちの気持ちが下がるんですよね」とバッサリ辛口批評。女性の心に響くネクタイを着けた男性がいると、テンションがアガるそうです。

確かに、自分の周りのデキる先輩上司を思い返すと、女性が「可愛い」と言いそうなネクタイの趣味の持ち主が多い。ボクも女性社員との打ち合わせで、ためしに可愛い花柄ネクタイを着けて臨んだところ、やっぱり女性のボクへの対応がやわらかくなっているのを実感しました。

男性がどんな高級時計を身につけても、女性はスルーし、気分もアガりません。デキるオトコほど、ネクタイに気を配って女性の視線を集めてテンションをアゲる。夏はクールビズ仕様で、ノーネクタイ出勤する機会が増えますが、胸元に女性が「可愛い」と言ってくれそうな工夫が仕事にもプラスになりそうです。

裾と靴の間の「数センチ」から滲み出る個性

そして女性が注目するもう1つのチェックポイントは、意外にも「靴下」。靴下って男にとってはお仕事ファッション優先度的に最下位と言ってもいいアイテムだと思います。でも女性は驚くくらいあの裾と靴の間の数センチを観察して、しかも記憶するんです。以前、特に意識もせず派手な靴下を履いて出勤した日がありました。1週間後、同僚の女性社員から「この前、かわいい靴下履いてましたよね♪」と挨拶がわりの一言。よく見てるな~、しかもよく覚えてるな~!とびっくりしたのを覚えています。理由を伺うと、ほとんどの男性の靴下がダークカラーの無地なので、変わった靴下の男性は結構目立つし記憶に残りやすいそうです。靴下は、実はオトコの個性を訴求するお仕事ファッションの重要アイテムだと気付かされた出来事でした。

そう言えば、素足に革靴がトレードマークの人気俳優がいらっしゃいますが、これも「靴下で個性を訴求する」のと似た技と言えます。靴下の柄を選ぶのはセンスを問われてけっこう難しいですが、自分の個性を出す必要があるお仕事のメンズは試してみて損はないと思います。

次ページファッション以前の、超大事なポイント
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT