女子が喜んでいない「差し入れ」の特徴3つ 名産品、口コミ頼りでは高評価は狙えない

✎ 1〜 ✎ 64 ✎ 65 ✎ 66 ✎ 67
拡大
縮小

まず、名物のお菓子は男性にもっとも多いチョイスかもしれません。出張や旅行など、どこかに出掛けたので現地の名産お菓子を買ってくるパターンです。つまり、差し入れイコール「お土産」なのです。そのため必然的に差し入れ頻度が下がり、たまの差し入れも駅などで急いで選んだ物が多く、的外れになっているのではないでしょうか。これではいつまで経っても差し入れ本来の効果を得るのは難しいでしょう。

次に、評判のお菓子です。これは「味がいい」「取り分けなくていいから食べやすい」といった、差し入れにあるべき「機能」を満たすチョイスといえます。差し入れとして及第点ではありますが、減点要素がないだけで女性のテンションを上げるほどのパンチはありません。

最後に、話題のお菓子についてですが、女性から「あ、コレ知ってます。話題になってますよね」という反応は得られるかもしれません。ただ、それで終わりです。女性に対し「流行への感度の高さ」はアピールできるものの、話題性だけでは女性のテンションは上がりません。

では何を選べばいいのか

話題性と機能(味、食べやすさ)を評価軸に差し入れを買ってくる。そつのない仕事ぶりで技術点は高いかもしれませんが、女子のテンションを上げる演出が考慮されていなければ、芸術点はロースコア。では芸術点を上げるために気をつけるべきポイントとは何なのでしょうか。

女性へのヒアリングを通して、女性受けのいい差し入れには、以下の3つの特徴があることがわかりました。

1. シーズン
2. ビジュアル
3. 渡すタイミング

なぜこの3つが重要なのか、解説していきます。

1.シーズン

ここでいうシーズンには、「イベント」と「季節性」の2種類があります。クリスマスやバレンタインといったイベント系お菓子は女性からの支持が高いです。ただし、シーズン真っただ中ではインパクトゼロ。クリスマス当日にクリスマスにちなんだ差し入れをしても埋没するだけです。少なくともシーズンの2〜3週間前に差し入れすると「あ、もうすぐクリスマスですね♪」と女性が感じてくれます。

次ページさらに芸術点の高い差し入れとは?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT