デキないオトコの「やってはいけない」読書術

デキるひとの秘密は「読後の行動」にあった

デキルひとの読書術とデキないひとの読書術。違いは読後にあるようです(写真:kritchanut/PIXTA)

こんにちは。はたらく女性のかていきょうし、タブタカヒロです。そろそろ残暑も終わり、秋が近づいてきました。秋と言えば「読書の秋」。読書と言えば……デキるフリしたデキないオトコたち(DFDNオトコ)からこんな質問をよく受けます。

1.「どんな本を読んでるんですか?」(好きな音楽何系ですか?的漠然質問)
2.「オススメの本ってありますか?」(コレを読んだら正解!的一冊を教えて欲しい質問)
3.「アレ読みました?良いですよね~」(話題の本を読んだこと・理解したことを自慢したい質問)

これを読めばOK的な本が欲しいだけ

この連載の記事はこちら

いずれも会話が弾まず答えに困る質問です。めんどくさい気持ちを抑えてDFDNオトコにどうしてそれを知りたいんですか?と聞くと……

「読んだ本で、その人がわかるっていうじゃないですか」という回答。回答の背景には「これ読むと一流」的一冊が大好きで、それを読んだオレ、理解してるオレをアピールしたいDFDNオトコ読書の特徴が見え隠れします。

デキるひとたちに話を聞くと「何を読んだか」「理解してるか」への関心は低く、「読んでどう思ったか」「読んで何をしたか」に強い興味を示します。デキるひとの読書術は「読後」に秘密があるようです。読書の季節が近付く今回は、デキないオトコとデキるひとの読書のお作法を分析します。

次ページ脳内の情報処理から差がついていた!
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
介護大全<br>お金、仕組み、施設を全検証

突然、訪れる親の介護にどう向き合えばよいか。3640人へのアンケートによる経験者の声を基に、介護の悩みや不安の解消策を考える。介護保険サービス利用の全容、4つのケースで試算した介護費用、老後の住まい徹底比較など、具体例を満載。