デキないオトコの思考は「ジャニーズ的」だ

デキる人の転職観はAKBの「卒業」に近かった

AKB48を卒業した高橋みなみ氏。ジャニーズ流かAKB流か、あなたはどっち?(撮影:尾形文繁)

こんにちは。はたらく女性のかていきょうし、タブタカヒロです。

「はたらく女性のかていきょうし」としてのべ1000人を超える女性にお仕事コンサルやセミナーをお届けしてますが、100人に3、4人の割合で「かていきょうし」を受ける若い男性もいらっしゃいます。ちなみに40代以上のおっさん世代はゼロです(笑)。

「ゆとり世代」と呼ばれる20代男性のご相談のほとんどは「これからのキャリアプラン」。これはかていきょうしを受ける女性と同じ傾向です。そしてもうひとつゆとり世代男子と女性に共通点があります。

それは「自分に自信が持てない」こと。

デキないゆとりオトコの3つのこだわり

この連載の記事はこちら

FacebookのCOOとして有名なシェリル・サンドバーグさんも話していましたが、男性優位な社会環境のせいで、女性は男性と比べて自分に自信を持ちづらい傾向にあります。ゆとり世代男子と話していると、彼らを取り巻く社会環境が自信を持ちづらくさせていることを感じます。なので、ゆとり男子には女性の時と同じアプローチでコンサルして、自信を持ち帰って頂くようにしています。

実際、周りのゆとり世代のデキないオトコとデキる人を比較観察すると、キャリアプランの考え方に大きな違いがあるようです。今回は、女性にもゆとり男子にも効果のある「将来のキャリアプラン」のお作法をご紹介します。

次ページ「成長させてくれる」とか言いがち
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • はじまりの食卓
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。