デキないオトコの思考は「ジャニーズ的」だ

デキる人の転職観はAKBの「卒業」に近かった

AKB48を卒業した高橋みなみ氏。ジャニーズ流かAKB流か、あなたはどっち?(撮影:尾形文繁)

こんにちは。はたらく女性のかていきょうし、タブタカヒロです。

「はたらく女性のかていきょうし」としてのべ1000人を超える女性にお仕事コンサルやセミナーをお届けしてますが、100人に3、4人の割合で「かていきょうし」を受ける若い男性もいらっしゃいます。ちなみに40代以上のおっさん世代はゼロです(笑)。

「ゆとり世代」と呼ばれる20代男性のご相談のほとんどは「これからのキャリアプラン」。これはかていきょうしを受ける女性と同じ傾向です。そしてもうひとつゆとり世代男子と女性に共通点があります。

それは「自分に自信が持てない」こと。

デキないゆとりオトコの3つのこだわり

この連載の記事はこちら

FacebookのCOOとして有名なシェリル・サンドバーグさんも話していましたが、男性優位な社会環境のせいで、女性は男性と比べて自分に自信を持ちづらい傾向にあります。ゆとり世代男子と話していると、彼らを取り巻く社会環境が自信を持ちづらくさせていることを感じます。なので、ゆとり男子には女性の時と同じアプローチでコンサルして、自信を持ち帰って頂くようにしています。

実際、周りのゆとり世代のデキないオトコとデキる人を比較観察すると、キャリアプランの考え方に大きな違いがあるようです。今回は、女性にもゆとり男子にも効果のある「将来のキャリアプラン」のお作法をご紹介します。

次ページ「成長させてくれる」とか言いがち
関連記事
トピックボードAD
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブルー・オーシャン教育戦略
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。