本当に強いチームはPDCAの徹底を妥協しない

元パナソニック役員が導いた甲子園への道

今年も熱いドラマが繰り広げられます(写真:ゆう2002 / PIXTA)

いよいよ8月7日から第98回全国高等学校野球選手権大会が始まります。長かった地方予選を経て、夏の風物詩ともいえる「甲子園」が幕を開けるワケです。

今大会で密かに話題となっているのは、ある高校が出場することです。パナソニックで役員を務めた鍛治舎巧(かじしゃ・たくみ)さんが2014年から監督を務め、春のセンバツでもベスト4に進出した熊本県代表の「秀岳館高校」。鍛治舎監督は松下電器(現パナソニック)野球部の選手・監督として活躍し、元NHK高校野球解説者を務めた人物。大阪のボーイズリーグの名門「オール枚方ボーイズ」において中学校の硬式野球史上初となる“5冠”に導いた名将でもあります。

秀岳館高校は2001年に夏の甲子園へ出場しましたが、2003年の春のセンバツに選ばれた以外はしばらく甲子園から遠ざかっていました。鍛冶舎監督は就任2年で15年ぶりに夏の甲子園へ同校を導いたことになります。秀岳館高校にはいわゆる野球留学で、オール枚方ボーイズ出身の選手も多いため「熊本のチームとは呼べないのでは」と批判の対象になることもあるのですが、私はそんなことよりも鍛治舎監督が「元・上場企業役員」であり、「PDCAサイクル」を野球指導に取り入れている点に注目しています。

選手の目標達成のためにPDCAサイクルを導入

私は、WEBマーケターとしてクライアント先のWEBサイト改善や、マーケティング施策を推進していく際、「PDCAサイクルをしっかり回すこと」を非常に重視しています。そうしなければビジネスも企業も成長していかないからです。そして、秀岳館高校がこのサイクルを実践していると聞き、「それは強いはずだ!」と膝を打った次第です。

次ページなぜ高校野球でもPDCAサイクルが大切なのか
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT