本番で「勝つ人」と「負ける人」の決定的な差

最強の金メダリストは「単純」に実行している

自ら樹立した五輪金メダル最多記録を更新したマイケル・フェルプス選手(写真:Agencia EFE/アフロ)
連日白熱した競技から目が離せないリオ五輪。地球の裏側から応援しようと、夜更かしや早起きを続けている人も多いのではないでしょうか。
8月9日時点で日本は3個の金メダルに加え、銅メダルが7個と、メダル合計獲得数が10個に達しました。
一方、同時点で日本よりも多くのメダルを獲得しているのがアメリカです。金メダル5個、銀メダル7個、銅メダル7個の計19個と、合計獲得数において2位以降を大きく引き離しています。そして特筆すべきは、そのうち7割を超える計14個のメダル(金4個、銀4個、銅6個)がすべて「競泳」種目の結果だということです。
なぜ、五輪という大舞台において、メダルに届くパフォーマンスを発揮することができるのでしょうか? 本番で安定した実力を出し切り、勝利を手にする人とそうでない人の違いはどこにあるのでしょうか?
競泳アメリカ代表チームを率いるコーチであり、五輪通算19個の金メダルを獲得した「怪物」マイケル・フェルプスの恩師でもある名将ボブ・ボウマン氏が、著書『君もチャンピオンになれる』の中で明かした内容にその秘密を探ります。

「ささいなこと」ほどないがしろにしてはいけない

マイケルはいまでは史上最強の五輪選手として有名ですが、最初に出場した2000年のシドニー五輪では、200mバタフライのみ出場し、5位に終わりました。しかしこのとき、彼はメダルを狙って試合に臨んだわけではありません。「68年ぶりの五輪最年少の男子スイマー」だった15歳のマイケルにとって、競争相手はみな年齢も経験値も自分を上回る成人男性。勝てなくて当然です。

マイケルと私はその試合から多くのことを学び、今後のために記録を残しました。ささいなことばかりですが、それをしないと後で悔やむことになるからです。

次ページ単純なタスクも練習する
関連記事
トピックボードAD
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。