錦織圭を育てたコーチが見た「天才という病」

なぜ有名選手が続々と不祥事を起こすのか

続くアスリートの不祥事。錦織圭選手の「育ての親」に聞きます(写真:ムツ・カワモリ/アフロ)

巨人の野球賭博問題、清原和博・元プロ野球選手の覚せい剤取締法違反。バドミントンの違法カジノにスノーボードの大麻問題と、アスリートの不祥事が続いている印象は否めない。自国開催の東京五輪・パラリンピックを4年後に控えた大事な年に、日本のスポーツ界が濃い霧に包まれている。

忘れられない、かつての清原の評判

道を踏み外す選手と、そうならない選手。何が違うのだろうか。そこを考えたとき、思い出すことがある。新米スポーツ記者だった1990年前後だったか。清原の西武時代。怪物の片りんは見せていたものの、タイトルが獲れず「無冠の帝王」と言われ始めたころだ。西武球場での取材帰りの車で、先輩記者たちの話を聴いていた。

「キヨはとりまきが悪い」「ホントになあ」

そこで新米は「トリマキって何ですか?」と尋ねたら「大人のことだよ。周りの、オ・ト・ナ」と先輩らは声を揃えた。

ぽかんとしていた20代の小娘も、20数年経ち人の親となった今ならわかる。アスリートの成長に必要な「オトナ」は、技術指導や試合の采配に長けているだけではなく、勝ち負け以外に人間として大事なものを教え、浸透させることのできる大人なのだ。

「天才という病」にかかりやすい子にとって、そんな大人が近くにいることは何より必要だろう。要するに、才能に満ちあふれ、子ども時代から「凄いね」「天才だね」と言われて育ってきた子どもは、どうしても周囲にちやほやされ天狗になりやすい。無意識のうちに「何をやっても許される」万能感に近いものを抱く傾向が強いからだ。

次ページ錦織圭「育ての親」は子どもにこう話す
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT