錦織圭を育てたコーチが見た「天才という病」

なぜ有名選手が続々と不祥事を起こすのか

続くアスリートの不祥事。錦織圭選手の「育ての親」に聞きます(写真:ムツ・カワモリ/アフロ)

巨人の野球賭博問題、清原和博・元プロ野球選手の覚せい剤取締法違反。バドミントンの違法カジノにスノーボードの大麻問題と、アスリートの不祥事が続いている印象は否めない。自国開催の東京五輪・パラリンピックを4年後に控えた大事な年に、日本のスポーツ界が濃い霧に包まれている。

忘れられない、かつての清原の評判

道を踏み外す選手と、そうならない選手。何が違うのだろうか。そこを考えたとき、思い出すことがある。新米スポーツ記者だった1990年前後だったか。清原の西武時代。怪物の片りんは見せていたものの、タイトルが獲れず「無冠の帝王」と言われ始めたころだ。西武球場での取材帰りの車で、先輩記者たちの話を聴いていた。

「キヨはとりまきが悪い」「ホントになあ」

そこで新米は「トリマキって何ですか?」と尋ねたら「大人のことだよ。周りの、オ・ト・ナ」と先輩らは声を揃えた。

ぽかんとしていた20代の小娘も、20数年経ち人の親となった今ならわかる。アスリートの成長に必要な「オトナ」は、技術指導や試合の采配に長けているだけではなく、勝ち負け以外に人間として大事なものを教え、浸透させることのできる大人なのだ。

「天才という病」にかかりやすい子にとって、そんな大人が近くにいることは何より必要だろう。要するに、才能に満ちあふれ、子ども時代から「凄いね」「天才だね」と言われて育ってきた子どもは、どうしても周囲にちやほやされ天狗になりやすい。無意識のうちに「何をやっても許される」万能感に近いものを抱く傾向が強いからだ。

次ページ錦織圭「育ての親」は子どもにこう話す
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。