錦織圭を育てたコーチが見た「天才という病」

なぜ有名選手が続々と不祥事を起こすのか

先ごろ監修した『うまくなるテニス』(学研プラス)に続き、6月には、錦織選手との歩みとともに、その独特の指導哲学を著した『戦略脳を育てる―テニス・グランドスラムへの翼』(大修館書店)が刊行される。今後も注目したい指導者のひとりである。

その柏井さんがテレビで観たというバドミントン選手の会見。「違法なことをしているという自覚はあったか」という質問に、桃田選手はこう答えた。

桃田選手の気になる発言

「自分もスポーツマンで勝負の世界で生きているので、ギャンブルに興味があり、やめられない自分がいました」

スポーツマンはギャンブルにはまりやすいと言っているように聞こえなくもない。百歩譲っても、スポーツはギャンブルと親和性があると桃田は口にしたのだ。

「公の場で、しかも謝罪会見で言う話ではないでしょう。桃田選手は発覚前、自分が子どもの見本になって(日本バドミントン界を)盛り上げたいと話していた。試合に勝つ、メディア対応をするといったプラスの方向には目が向いていたのでしょう。ただ、これはダメ、こっちもあかんというマイナスの方向には向いてなかった」

ところで、この原稿を書いている途中で、柏井さんがにんまりしそうなニュースがネット配信されているのを見つけた。

「錦織、熊本へマットレス1000枚送る」

錦織が熊本地震で被災した人たちへ、自らも使用しているマットレスを寄付した。被災者が少しでも安心して眠れるよう「今自分ができることを考え、避難所へ送ることにしました」と支援物資を選んだという。

スポーツ庁鈴木大地長官は「メダルの数、色も大事だが、社会の範となる選手を育てていくことを政策の中心に据えていきたい」と語ったそうだ。

「社会の範となる選手」が具体的にどんな人物像で、どのように育成するか。そして、そこに寄り添う大人の資質はどんなものなのか。そこを語り、実践できる人は決して多くない。だからこそ、若いトップアスリートたちの不祥事が起きたとも言える。

選手育成の前に、まず大人を育てる必要があるのではないか。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT