錦織圭を育てたコーチが見た「天才という病」

なぜ有名選手が続々と不祥事を起こすのか

彼の話は、古臭い説教ではない。押しつけがましくもない。時折選手に問いかけ、考えさせながら、アスリートとして、人として必要なフィロソフィを、選手らの心と体に沁み込ませていく。

必要なのは「二面性」

柏井さんは、指導の根底にあるものをこう明かす。

「コートの中とコートの外。選手には2つの顔があると思うんです。コートの中では、勝つためにはどんなことをしても勝たなくてはいけない。それに賭けるのが本当の競技者です。“隙あらばなんでもやってやろう”という意識が競技者としては必要。ルールの範囲内で何ができるかってことに好奇心がある子は絶対に伸びる。ルールの中でやっていれば、僕は何も言いません」

では、コートの外ではどんな顔であればいいのか。

「人が困っていたらすぐにどうしたらいいのかを考えられる。他人のことを考えられるよい人間であってほしいと思う」

コートの中では、時に邪悪に、憎らしいほどに相手の苦しいところをつく。けれども、一度コートを離れれば、よき人間として生きられる。

「そういう二面性がないと、トップになんかなれない。二面性のある人間でないとダメ。それを育てていくのが、僕らコーチの役目でもある。いけないことをしちゃった選手は、そういうことを指導したり、マネージメントしていく人がそばにいなかったのかもしれませんね」

錦織にも、その類のことは伝えてきた。だから、日本にいた中学生まではどちらかといえば口下手だった教え子が、試合後のウイナーズスピーチで英語、日本語どちらでも堂々と自分の言葉で話す姿に驚きもしない。

「トップアスリートとしてどうふるまうかなどを教育するシステムは日本にはありません。でも(錦織をマネージメントする)IMGはしっかりやってます。日本にいた頃はしゃべらなかった圭が堂々としゃべっている。教育されてるなと感じます。僕らも、本人がプロを目指すと決めた時点でそういったことを伝えなければいけません」

次ページ公の場で言うべき言葉か?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 買わない生活
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT