デキないオトコの「やってはいけない」読書術

デキるひとの秘密は「読後の行動」にあった

DFDNオトコの読後アウトプットは、読んだ事実の共有(≒自慢話し)に終始すること。「あの本、読んだよ」「~について書かれてた」「オモシロかったorイマイチだった」――以上。受験勉強や読書感想文と同じ、広がりに欠けるアウトプットです。努力に対する効果の大きさをビジネスの世界ではROIと呼びますが、まさに低ROIな読書法です。

デキるひとに読後の話しを聞くと、大きく2種類の行動を取っていました。

・試す

読書中メモしたデータや考え方、フレーズを実際に現場で試してみる。自分で実践して、「なるほど、こういうことか!」と知識を自分のものにする。

・会いに行く

本に感動したら筆者に会いに行く。驚きのアウトプットです。サイン会やトークショーに本を抱えて筆者に突撃し感想を伝える。筆者本人にとっても嬉しいもので、そこから交流が始まり新しいひらめきにつながることも。

デキる人は読後に行動する

筆者に会いに行くお作法には「はたらく女性のかていきょうし」でも実例があります。ネイルサロンに勤める女性から、本当は社会貢献の仕事をしたいんですと相談を受けたことがあります。彼女にはある社会起業家の本を紹介したのですが、その本を読んだ彼女は共感・感動して即本人に会いに行ったのです。

そして本人と会話をした時に、「社会貢献はネイリストでもできる!」とひらめいたそうです。2年後、彼女から届いたメッセージには「独立してネイルサロンを開業しました♪」と書いてありました。

最近話題の本を読んで、読んだことに満足するのはデキないオトコの読書術。デキるひとは読後に行動するため本を読んでいました。読後の行動を重視するのは、もともと学びたいテーマがあるから。「この本を読む」理由が読む前から決まってる、戦略的な読書と言えます。デキるひと流、読後重視の読書術。今日から試してみてはいかがでしょうか。

目的のない読書は遊戯であって、読書ではない~エドワード・リットン

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT