デキない男の「就活必勝法」が学生をまどわす

「強み」を語らせるのはあまりに時代遅れだ!

(写真:Annatamila / Adobe stock )

①人生を子どもの頃から振り返る

自己分析は「大学4年間」だけを振り返ればいいなんて、誰が言った?人生はそれよりずっと前から始まっています。幼少期や中学・高校時代も含めて、自分のものがたりを描いてもらう。

②「ほろ苦い経験」も大切に

何も成功体験ばかり並べ立てる必要はない。つらかったこと、失敗したことなど、ほろ苦い経験をして「世の中がもっとこう変わったらいいのに」と思ったことを、うまく盛り込む。

③個々の体験を関連づける

必ずしもスケールの大きい経験をしていなくとも、いくつかの小さな経験の共通点を見つけ、それをつなげることで、自分の価値観を形作った出来事として意味づける。

この手法を使うと、「自己分析ワークシート」を前に頭を抱える就活生が、すらすらと振り返ってしまうから不思議です。認知科学の専門家、ロジャー・C・シャンクは、「人間は論理を理解するようにできていない。物語を理解するようにできている」と言っています。デキるひとの「ものがたり」式自己分析は、人間の認知方法からしても、実に理にかなったものなんです。

2つ目の知りたいことは、ズバリ「志望企業の内定ゲット対策」。業界、企業分析からはじまり、面接での受け答え方法など、就活生にとってはどれも未知の世界ゆえに、興味津々です。

そこでDFDNオトコが必ずやらかしてしまうアドバイスとは、

「受かる」アドバイス

どうしたら選考に「受かる」か。「受かった人」の成功談、業界が求める社員像を伝える。受験対策に似たアドバイスです。

デキるひとのアドバイスは、意表を突いています。

「受からないほうが、良いかもよ」

次ページ「花形企業」は変わります
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 離婚親の選択
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
親子で話し合う<br>相続・終活・お墓

親子の3大難題を解決に導く決定版。相続で「もめない」23の鉄則、子や孫が助かる「生前贈与」のフル活用法、財前直見さんが勧める「ありがとうファイル」の作り方、「免許返納」で親を説得するポイントなど最新情報を満載。

  • 新刊
  • ランキング