デキない男の「就活必勝法」が学生をまどわす

「強み」を語らせるのはあまりに時代遅れだ!

ちゃぶ台をひっくり返しているようですが、実は就活の本質を指摘する究極のアドバイスです。ノンフィクションライターのマルコム・グラッドウェルは、成功を収めた人々を取材し続けた結果、その共通点の1つに「花形ではない仕事に励んでいた時期があること」を発見しました。光の当たらない環境でもその仕事を継続していたことで、時代が変わって脚光を浴びる仕事になっていた……というパターンです。

グローバル、フィンテック、AIなど、就活生はとかく今をときめく「花形」事業をやっている企業に飛びつきがち。大学や高校を選ぶのであれば、在学するのはせいぜい数年なのでそうした選び方でもいいですが、ビジネスとなれば話は別。5年、10年経てば、「花形」はがらりと変わります。10年前の就活人気企業ランキングトップ10を振り返ると、名前は出しませんが、その後経営危機に陥った会社も少なくないのが実態。

就活のゴールは、入りたい会社に入ることじゃない。必ずしも希望の会社でないところで、自分が評価されない悔しい体験、悩んで立ち上がって自分なりに何かしら考えることで、得るものがあると考えるのがデキるひと。

5年後にコケるかも知れない今の花形より、後に花咲くかもしれない仕事の方が、実はキャリアの「花道」なんだ。デキるひとは、本当の成功につながる実に深いアドバイスを送っていました。

受験勉強と就活対策は、本質的に違います

デキないオトコは、本質的に異なる就活対策と受験勉強に同じロジックを適用し、就活生を悩ませる。デキるひとは、「内定を取る」ことだけにこだわらず、キャリアの本質である「失敗して成長する」価値を就活生に伝えていました。ボクの好きなこの言葉のメッセージと、ちょっと似ているかもしれません。

近道を見つけたのは道に迷った人間だった。〜 オースティン・オスマン・スペア
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 白馬通年リゾートへの道
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
すごいベンチャー100<br>2019年最新版

ファンドが大型化しマネーが殺到するベンチャー企業。大化け期待の日本発 “金の卵” 100社を厳選。アプリで禁煙治療、空飛ぶバイク、ハエで肥料生成など異色のアイデアを満載。プリファードなどユニコーンの現在地やIPO後の株価の検証も。

  • 新刊
  • ランキング