デキない男の話が「心に全く響かない」理由

デキる人とは「脳内OS」の種類が違う!

カタカナ語ばっかり使って、言っていることの意味が全く伝わってこない人、あなたの職場にいませんか? (写真:Zinkevych / PIXTA)

こんにちは。はたらく女性のかていきょうし、タブタカヒロです。

「はたらく女性のかていきょうし」としてお仕事コンサルをしていると、「男性の言っていることがわからない」という相談を受けることがたくさんあります。たとえば、「女性と仕事」について語るとしましょう。何を言っているかがわからないオトコの発言は、大きく2つのタイプに分けられます。

「リーンインしてワーク・シフト」じゃ何も伝わらない

①決めつけ型:「今は女性活躍の時代だから〜」

反応→「女性活躍の時代って、前提は何?私“活躍”したくないけど?」

②ビッグワード多用型:「これからの女性はリーンインしてワーク・シフトだよ」

反応→「ごめんなさい、意味がよくわかりません」

女性があきれているのに気づかずに、この手の発言をする男性、けっこう多いんです。ご相談に来た女性たちも、言っていることがまったくアタマに入ってこないと、お手上げ状態。そんなとき、こうお答えしています。

この連載の記事はこちら

「彼らは、脳内にインストールされているOS、マインドセットが残念なんです」

マインドセットとは、「思考態度」とも訳され、いわばその人の“脳内OS”のようなもの。教育心理学では、「成長する人・しない人」で2つのマインドセットがあるという論が主流ですが、日本のオトコ社会においては、3種類のマインドセット――脳内OSが見られます。

デキないオトコのOS…通称「こちこちOS」
 
②DFDN(デキるフリしたデキない)オトコのOS…通称「ふわふわOS」
 
③デキるひとのOS…通称「わくわくOS」

まずは、3種類の脳内OSの特徴をご説明します。

次ページ「脳内OS」の3類型
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。