デキない男の話が「心に全く響かない」理由

デキる人とは「脳内OS」の種類が違う!

重要なのは、速い意志決定でも小手先の技でもない!

①デキないオトコの「こちこちOS」

職場の男性の中で、シェアダントツ1位の脳内OSです。型にはまった考え方をするよう設計されていて、3つの特徴が見られます。

(1)速い意思決定

パソコンのCPUのように、思考や意思決定のスピードをなにより重視。仕事がデキるとは、決断も速いことだと思い込み、頑張って“即決”しますが、実はよく考えられていないイマイチな発言なので、相手は納得できません。

(2)技、スキル命

パソコンのショートカットキーのように、ちょっとしたスキルを覚えるのが大好き。ただ、それは小手先のテクニックにすぎないので、思慮不足の感が否めず、相手に言いたい内容は伝わらない。

(3)フレームワーク(枠組み)で考える

何かを考えるときは、とりあえずパワーポイントを使う。何個か四角いハコに文字を書いて矢印でつなげることで、何かまとめたつもりだけれど、伝わってくるメッセージが何もない。相手に「で?」と突っ込まれて終わり。

こんな「こちこちOS」の持ち主に、たとえば「女性と仕事」の話題を振ると、「女性活躍」という型にはまった考え方で、管理職の男女比率など、数字上の“男女平等指数”を素早く弾き出します。固定観念に縛られた、数字ばかりの話で、女性にまったく響かない。「それ、あんたの勝手な女性像でしょ?」と無言で突っ込まれます。

②DFDNオトコの「ふわふわOS」

現在、台頭中なのが、デキるフリしたデキないオトコの「ふわふわOS」。はやりのキーワードで情報収集するのが得意で、次の3点が特徴です。

次ページデキるふりした人の思考のクセ
関連記事
トピックボードAD
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブルー・オーシャン教育戦略
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。