デキない男の話が「心に全く響かない」理由

デキる人とは「脳内OS」の種類が違う!

 

①こちこちOS:「無理でしょ」

固定観念に縛られたデキないオトコ。問題が生じたら、まずできない理由から考えて口にする。まさにこちこちな起動音です。

ネットで知った「ちょっといい話」を早速披露

②ふわふわOS:「コップに半分水が残っていたら……」

コップ半分の水を「もう半分」と感じるか「まだ半分」と感じるかで、プラス思考とマイナス思考を見分けられるという話のように、最近検索して知った、ちょっとイイ話を語る。(ハイハイ、アナタは「まだ半分残っている」って考えるんでしょ)という周りからの無言のツッコミに気づかない、ある種ハッピーな起動音です。

③わくわくOS:「おもしろい!」

新しい挑戦や難題が好きなのが、わくわくOSの特徴。難しい問題に出合った時こそ、「おもしろい!」の一言から起動します。

実はボク自身、アラサーの頃までは、脳内が「こちこちOS」でした。周りの女性からは「何言ってるか全然わからない!マシーンみたい!」とよく言われていました。そしてあるとき、自分のこちこちさに気づき、意識して「わくわくOS」に乗り換えました。

このOSへの乗り換えがなかったら、今頃、女性への「お仕事コンサル」なんてできていないと思います。「あの」OSを生み出した人物の一言を思い返すと、人も機械も、相手の心に寄り添うことがポイントなのかもしれません。

インターネットやパソコンは、知識や情報を伝えることに偏っている。私はパソコンを人間性あふれる存在にし、人々が自分の感情をより豊かに表現する手伝いをしたい。
                      〜 スティーブ・ジョブズ

 

関連記事
トピックボードAD
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブルー・オーシャン教育戦略
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。