デキない男の話が「心に全く響かない」理由

デキる人とは「脳内OS」の種類が違う!

(1)速い検索

ググってコピる。情報の検索、収集ではとにかくスピードを重視。検索した情報の意味は深く考えないので、周りにうまく説明できず、やっぱりいっていることが伝わらない。

(2)コンセプト命

WEBやビジネス書で見つけた新しいコンセプトが大好き。でも、中身を理解していないので、表面的なことしか言えずに上滑り。

(3)カタカナ「ビッグワード」を使ってみる

ふわっとしていて、よく意味の伝わらない、カタカナ「ビッグワード」を言うのが大好き。本人は自信たっぷりですが、結局「それって、具体的にどういう意味?」と突っ込まれて終わり。

こんな「ふわふわOS」の持ち主に、「女性と仕事」の話題を振ってみると、「これからの時代、女性はもっとリーンインして、ワークシフトした働き方で、自らがロールモデルになるべきです!」とドヤ顔で語る。その後の白けた雰囲気はご想像のとおり。相手の心の中で「今のって、何語?」とスルーされてしまうタイプです。

デキるひとは「相手ありき」でものを言う


③デキるひとの「わくわくOS」

職場におけるわくわくOSのシェアは、圧倒的に低い。相手の思いに働きかけて、わくわくさせることを目指すOS。あなたの職場に、こんな考え方の人はいませんか?

(1)相手に注目

相手の思いを重視し、自分の固定観念を押し付けない。相手も、自分に関心を持ってくれていることがわかるので、心を開いてコミュニケーションが取りやすくなります。

(2)共感「命」

相手の話を聞き、思いを知って共感するのがいちばん大事。すると相手も自分のことを話してくれるし、こちらの言うことも聞いてくれる。お互いのコミュニケーションが活発になります。

(3)絵にする

フレームワークもビッグワードも使わない。相手の思いやニーズを「こんなイメージですか?」と絵に描いて確認する。デザイン理論では、アイデアを形にするとき「試作品」を作ることを薦めています。下手でも雑でもいいので、思いを試作品(絵)にするのは理にかなったお作法です。

こんな「わくわくOS」の持ち主は、「女性と仕事」を語る際に、「女性活躍」も「ビッグワード」も使わず、「〜さんはどんなふうに働きたいですか?」と相手に関心を示して、「自分の時間を作りたいんですね、その気持ち、わかる気がします」と思いを聞き出し共感。そして「〜さんの働くイメージって、こんな感じですか?」と絵にしてみる。相手の心に届いて、わくわくさせるコミュニケーションです。

最後に相手がどの脳内OSの持ち主か、簡単に見分ける方法をご紹介します。それは問題が起きたときの第一声。いわば脳内OSの「起動音」です。

次ページネットで知った「いい話」をすぐ語る人
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT