デキない男の「就活必勝法」が学生をまどわす

「強み」を語らせるのはあまりに時代遅れだ!

デキるひととデキないオトコでは、この2つのテーマに対するアドバイス法が正反対でした。そして、多くの就活生が参考にしているのは、デキないオトコの考え方に毒された「必勝法」なのです。今回は就活生も社会人も知っておくべき「就活のお作法」を考えます。

まずは就活の基本「自己分析」。自分を見つめ直し、自分の価値観や特徴を把握する作業です。DFDN(デキるフリしたデキない)オトコが就活生にすすめる自己分析のテーマは、以下の3つの要素で構成されています。

( 写真:taka / Adobe stock)

①「打ち込んだこと」

部活動やボランティアなど大学4年間で打ち込んできたこと、成し遂げた実績を振り返らせる

②「強み」

自分の打ち込んだことや、実績などから掘り下げて、リーダーシップや問題解決能力などの強みを見つけさせる。

③「ビジョン」

これまで打ち込んだことや強みと関連づけて、5年、10年先の「なりたい自分」をイメージさせる。

実はこれ、ベタなビジネス書などでよく見る、キャリアアップのための方法論に似ています。しかし、こうした自己分析のやり方がフィットするのは、ごく少数の大学生でしょう。そこには、以下の3つの理由があります。

次ページ「強み」の定義はなんですか?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 白馬通年リゾートへの道
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地盤沈下に抗う<br>国際金融都市・ロンドンの秘策

強気の姿勢を押し出すジョンソン氏が首相に就任し、「合意なきEU離脱」が現実に迫る金融街シティー。逆境下で推進するフィンテック、グリーンファイナンス、人民元ビジネスの戦略を現地ルポ。イングランド銀行副総裁のインタビューも。

  • 新刊
  • ランキング