不倫相手の子を出産、今後どうすればいいか

大好きだった不倫相手とは音信不通に…

とても小さなお子さんの耳に入れられる話ではありません(写真:CandyBox Images / PIXTA)

※ミセス・パンプキンへの子育て・家族関係などのお悩み相談は
専用メール専用サイトで受け付けています

春に次女を出産しました。タイミング的に不倫相手の子どもに間違いないです。W不倫でした。職場で2年ほど前に知り合い、土日の連絡はせず、お互いの家庭にばれないように過ごしてきました。
妊娠したとき彼はおろしてほしいとは言わず、「これが俺の宿命だから陰ながら支える、いつもつながっているから」と言ってくれました。
出産して3カ月後くらいから、この状態が耐えられなくなりました。彼と一緒に住めないいらだちがつのり、彼と夫を比べ、どんどん夫がイヤになっていきました。育児ストレスもあったと思いますが、彼にも八つ当たりしていました。「あなたはごめんねって言うことしかできない。あなたは愛してるって言うことしかできない。もう会いたくない。会ったら先のこと考えてしまうから」と、メールで送ってしまいました。
そしたら音信不通になりました。「伝えたいことがあるから電話してもいいですか?」とメールしても返事なし。「あなたを失った喪失感がひどすぎる」と、交互に何度メールしても返事がありません。
自分の子供を産ませておいて、ずっと支えるからとか言ってくれたのに、いつもつながっているからと言ってくれたのに、八つ当たりメールくらいで切れてしまうものなのですか?
W不倫でしたし、私にも悪いところはあります。どうして彼は離れてしまったのか。そしてこの現実をどう受け止めてこの先、生きていったらよいか、助言をお願いします。
匿名子
次ページパンプキンからのコメントは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT