「不倫から抜け出せない人」に共通する考え方

ありのままの自分を受け入れられているか

泥沼化することもあります(写真:Graphs / PIXTA)

川谷絵音さん&ベッキーさん、宮崎謙介元議員、乙武洋匡さんなど、2016年は年初からタレント・著名人の不倫スキャンダルが相次いで発覚した。世間の反応は大きく、「ここまで言われるのか」とばかりに騒がれた。

ただ、不倫はこうした有名人だけでなく、一般人の間でも起きていることだ。既婚者である会社の上司と独身の部下、既婚の同僚同士、同級生など、さまざまなパターンがあり、中には抜け出せなくなっている人も少なくない。

「やめたいけど、やめられない」

筆者はフィナンシャルカウンセラーという仕事を通じて、主に買い物依存や借金の悩み相談を受けている。多くの相談者から聞く「やめたいけど、やめられない」。いけないと思っていても、それが自分のためにならないとわかっていても、やめられない。それが依存状態である。薬物やアルコールなどだけでなく、不倫にハマって抜け出せない人においても同じ要素があるように見える。

都内で金融機関に勤めるOLのHさん(35歳女性、独身)もその一人だ。いかにも仕事がデキるキャリアウーマンで、かつスタイルもよい。いわゆる高嶺の花に見られることが多いためか、決まっていつも声をかけられるのは既婚男性で、独身男性から声をかけられることは少なかったという。「自分ではまったくそんなつもりはないんですけどね。なんでいつも既婚者なんだろうって」

Hさんは、まさか自分が不倫をするとは思ってもいなかったが、あることがきっかけで知人の既婚男性と関係を持ってしまった。年上で経営者でもある知人は尊敬の対象でもあったため、自分の中での関係性が整理できず混乱し、罪悪感にもさいなまれた。数回と会わないうちに自分から関係を断つことを決心し、連絡を絶った。

次ページしかしHさんは…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT