「浮気確定」の前に妻が自爆してはいけない

夫のメールをのぞき見するのはルール違反

ボタンを掛け違えて問題をこじれさせるのではなく、解決策を探るのも妻の知恵です(写真: alenazamotaeva / PIXTA)

※ミセス・パンプキンへの子育て・家族関係などのお悩み相談は
専用メール専用サイトで受け付けています

4歳の双子の男児がいます。先日、子供が夫の携帯をいじっていると他の女性とのLINE画面になり、見てみると毎日のように夫から「会いたいな」とLINEをしていました。問いただすと「ただ言っていただけで浮気はしてない」といいます。そしてその場でそのLINEをすべて削除していました。
私がきちんとケジメをつけるように言うと、「じゃ離婚するか!」と居直られました。そんなやりとりがあったある休みの日、夫がお昼まで寝ていたので、私は実家に子どもを連れて遊びに行きました。すると「こんな状態なら一緒にいる意味はない!」と夫からLINEがきました。
普段からモラハラな人なので、私も随分夫には気を使って努力してきましたが、実家に遊びに行ったタイミングが少し悪かったくらいでこのようなLINEを送ってくる夫に失望しています。家事や育児も「俺は疲れている」と言って、ほとんど協力してくれません。私も仕事をしています。
夫は休みの日は寝ているかスマホに夢中です。「一緒にいる意味がない」はこちらのセリフでほとほと疲れました。給料は入れてくれていますが子供のために、それでも離婚は止めたほうがいいのでしょうか?
ともみ
次ページパンプキンからのコメントは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT