「浮気確定」の前に妻が自爆してはいけない

夫のメールをのぞき見するのはルール違反

ボタンを掛け違えて問題をこじれさせるのではなく、解決策を探るのも妻の知恵です(写真: alenazamotaeva / PIXTA)

※ミセス・パンプキンへの子育て・家族関係などのお悩み相談は
専用メール専用サイトで受け付けています

4歳の双子の男児がいます。先日、子供が夫の携帯をいじっていると他の女性とのLINE画面になり、見てみると毎日のように夫から「会いたいな」とLINEをしていました。問いただすと「ただ言っていただけで浮気はしてない」といいます。そしてその場でそのLINEをすべて削除していました。
私がきちんとケジメをつけるように言うと、「じゃ離婚するか!」と居直られました。そんなやりとりがあったある休みの日、夫がお昼まで寝ていたので、私は実家に子どもを連れて遊びに行きました。すると「こんな状態なら一緒にいる意味はない!」と夫からLINEがきました。
普段からモラハラな人なので、私も随分夫には気を使って努力してきましたが、実家に遊びに行ったタイミングが少し悪かったくらいでこのようなLINEを送ってくる夫に失望しています。家事や育児も「俺は疲れている」と言って、ほとんど協力してくれません。私も仕事をしています。
夫は休みの日は寝ているかスマホに夢中です。「一緒にいる意味がない」はこちらのセリフでほとほと疲れました。給料は入れてくれていますが子供のために、それでも離婚は止めたほうがいいのでしょうか?
ともみ
次ページパンプキンからのコメントは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。