「ダブル子連れ再婚」で幸福な家庭を築く方法

子供を悲しませないためには?

もちろんリスクはあるにせよ、家族のかたちはさまざまです(altanaka / PIXTA)

※ミセス・パンプキンへの子育て・家族関係などのお悩み相談は
専用メール専用サイトで受け付けています

私は港区在住で5歳の男の子と2人暮らしの、38歳のシングルマザーです。元夫とは4年前に別居してその後離婚していますので、息子は夫の存在を知りません。
夫ともめていた時期は息子がワガママを言わなくなり心配な時期がありましたが、今はすっかりワンパクで、私も2人の生活にとても満足しています。そんな私が2年半前から、千葉在住のシングルパパと親しくなりました。息子もとても懐いていて、私も彼が大好きです。
彼は息子を1人で育て、中学受験させて、今年無事高校にあがりました。PTAの役員として学校行事にも積極的に参加していたようで、ちょっと遠距離ですがお互い忙しい中無理のないペースで関係を温めてきました。
息子さんが多感な時期というのもあり、私達のことは話していませんが、なんとなく気づいているようです。そして、当然それを良くは思っていないと聞いています。
そんな彼に、息子が大学生になったら結婚したいと言われました。私もいつかは一緒になりたいと漠然と考えていましたが、現実的にあちらの息子さんが大学生というと、私の息子は小学3年生くらいになります。この時期の再婚は、子供にとってどう影響するかが心配です。
あと、再婚は虐待とか、子供がぐれるなどと、あまり良い話を聞きません。リスクをわざわざ背負って幸せをつかもうとするのは、私のわがままでしょうか。
由美
次ページパンプキンからのコメント
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT