男の子の育児には、もっと「父の力」が必要だ

「しからない育児」には限界がある

男の子は、真っすぐで純粋です(写真 : romrodinka / PIXTA)
元保育士で、NHK Eテレ『すくすく子育て』をはじめ、テレビや新聞、雑誌などでも活躍中の小崎恭弘さんは、お母さんたちからよく、こんなぼやきの声を聞くそうです。
「うちの子は、本当に言うことを聞かない」
「落ち着きがないから、叱ってばかり」
「やさしく言い聞かせるのではダメなんでしょうか?」
この記事では前回に続き、著書の最新刊『うちの息子ってヘンですか?』から、男子育児の「しんどさ」を解消する秘訣を紹介します。もし、あなたの奥さんが息子に手を焼いているのなら、次のことを伝えてみてはいかがでしょうか?

男の子はただただ「純粋」

遊ぶのも、おしっこも、着替えるのも全力です。そして、嫌がるのも、抵抗するのも全力です。ちっちゃい体で、その持てるパワーの全部を出し切って挑んでいきます。

前回記事では、男の子のダメな部分や、おもしろおかしい面を取り上げてきました。具体的には、

● ビー玉と鼻の穴、どちらが大きいのか比べたくなり、鼻の穴に入れて取れなくなる

● おじさんからおこづかいに100円玉をもらったのがうれしくて、兄弟に見せびらかしたのち、取られるのが嫌だから飲み込む

● おしっこはどこまで飛ばすことができるのか、試してみたくなり、おしっこしながら便器から離れていき、トイレ中をおしっこまみれにする

……というのはうちの子の実話ですが、こうした親からみると謎の行動と、子どもがそうする理由、背景についてご紹介しました。

ダンゴムシを集めるときの真剣なまなざし、動きの素早さ、そしてひたむきさ。これらは集中力のなせるワザ。でも、先に断っておきますが、勉強に発揮されるケースは少ないですよ

今回の記事ではすこし見方を変えて、男の子のすてきなところを見てみましょう。

うちの息子のいいところ、そんなものはひとつも思い浮かばない……? いえいえ、そんなはずはないですよ。一緒に生活していると、なんだかダメなところや、怒るポイントばかりに目が行きがちですが、息子のいいところはいっぱいあるはずです。きっと。

僕が思うに、男の子全般に当てはまるすてきな点、それは「純粋」というところでしょう。男の子は真っすぐですよね。動きも発言も、そして性格も。最短距離で動くし、嫌なことは「イヤー!」と口にするし、興味のあるものにはすぐに食いつきます。迷いがありません。見ていて気持ちがいいほどです。

次ページ実は、周囲の期待を感じ、応じようと頑張っている
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT